10月森のようちえんまめぼっち開催!

森の木々が色づき始めた10月の終わり。森のようちえんまめぼっち「わくわくもりのたんけんたい」を開催しました。

今回はお近くの飯田市、軽井沢市や遠くからは愛知県から総勢12名の親子が参加しました。

爽やかな日差しの入る秋の森で、こどもたちがやりたいことは盛りだくさん!

一人ひとりが思い思いに遊びます。

まずは、かくれんぼ!

▼大きな木はこども達の身をかくすのに絶好のかくれ場所に。(なっているのかな?笑)

▼森の中を歩くだけでも「まつぼっくり見つけた~!」宝物がたくさんです。

▼虫をさがしに網をもって探検する子もいます。

まめぼっちにプログラムはありません。その日集まったこどもたちが遊びたい!と思うことをやり、ご飯を食べて帰るというシンプルな内容です。だからこそ、繰り返し森に来たことのあるこどもたちの姿に成長を感じることも多くあります。

例えば、

▼小さい子のサポートをしてくれる小学生のお姉さん。

▼初めて来たのは3年前。当時はお母さんから離れられなかった女の子も、今ではお友達といっしょに森の中を駆け回ります。

・集まる保護者の皆さんからは

「久しぶりに会ったこどもたちがそれぞれに素敵に成長していて嬉しかったです」

「3人姉妹で参加しても、それぞれが思いっきり遊んでいる様子が良かったです。母も探検に出かけられて楽しかった。」と嬉しい声をいただきました。

今回は偶然にも、泰阜村の”まめぼっち”で会えるお友達が集まった回となり、秋の心地よい気候といつにも増した安心感が、こどもたちの遊びを広げてくれたように感じます。

最後は「またここで会おうね~!」と手を振ってお別れをするこどもの姿に、ここでしか会えないお友達と遊べる”まめぼっちの森”を楽しみにしてくれていることを嬉しく思った1日でした。

泰阜村に移住して4年目。主にグリーンウッドの幼児教育「森のようちえんまめぼっち」を担当している。小さなこどもたちと泰阜村の自然に触れる中で、こども目線でみる自然の楽しさはもちろん、春の芽の息吹や実りの秋の喜びなど四季の移り変わりに日々幸せを感じています。