スタッフ

staff

HOME | スタッフ | 齋藤晴子

Saito Haruko

齋藤 晴子

 

キャンプネーム:ぱる

 
総務チーム所属、3児の母。グリーンウッドの理念を発信・普及する視察見学や講師派遣、メルマガを担当。キャンプでは受付や広報、日常では保険など縁の下の仕事を担う。対外的なやりとりを丁寧に行いつつ、地域のつながりを活かすことでグリーンウッドに関わる人の裾野を広げることが役割。

  • Q ここでの暮らしで大切にしていることは?

    •  

      “当たり前”に感謝すること。身の回りの小さなことに感謝できると、自分も他人も自然も大切にできるようになると思うからです。自然の中で他の人とかかわりながら暮らすことが当たり前のこの村で、グリーンウッドで、まずは自分自身がそうあることを心掛けています。

  • Q これまで夢中になったことは?

    •  

      山登り。本能なのか(?!)幼い頃から高いところに登ると血湧き肉躍ります(笑)。山々の雄大な景色に包まれたときの解放感がたまらなく好きです。また自然に対峙すると人間の小ささを感じ、自分の有り様を考えさせられます。前職でメキシコ滞在中、日焼け止めなしで5千m級の山に登攀し、顔面やけどに近い雪焼けしたままグリーンウッドに面接に来て、どこの誰が来たのかと思われたとか。

       

  • Q 自分を表すハッシュタグ

    •  

      #ちびっこ #高い所好き #食いしん坊 #保存食作り #おしゃべり #三児の母 #几帳面 #でも実は適当 #思いついたらやらずにはいられない #でも実は内心ビビリ #地域づくり

    •  

  • Qこれからやってみたいことは?

    •  

      ・泰阜素材をとことん詰め込んだお菓子を作ってみたい。
      ・保存食作りなど、コレ!というおじいまおばあまの技を身に着けたい。
      ・全村民が楽しくかかわりあい学び合えるような恒例イベントを創りたい。

 

■プロフィール
1978年生まれ、主に東京・茨城で育つ。筑波大学国際総合学類を卒業後、国際協力に携わりたいと建設業界へ。海外赴任中、国際問題の解決には次世代を担うこどもの教育が必要と感じてグリーンウッドへ転職。子育て中の母として、村の教育委員として地域とつながり、足元の教育・子育て環境作りにも邁進中。

齋藤晴子(ぱる)の投稿記事より