2021夏の信州こども山賊キャンプ

Shinshu Kids’ Sanzoku Camp in summer

HOME | 夏の信州こども山賊キャンプ | 山賊キャンプ基本メニュー

山賊キャンプ基本体験メニュー

 

まずは山賊ももちゃんと一緒に山賊キャンプでどんなことをするのか見てみよう!
どのコースもこれらのメニューが基本になっているよ !

山賊会議

山賊キャンプは「こどもが主役」みんなで創るキャンプ。だから何をして遊ぶかや暮らしのルールは、基本的に全員参加の「山賊会議」で決めていくよ。期間中にやりたいことなどの意見を出し合い、自分たちで計画を組み立てていくんだ。
またキャンプをもっと楽しい場にしていくために、暮らしの中で困っていること、悲しんでいること、変えたほうが良いことなどをみんなに伝え、全員で今起こっている問題を解決していくよ。 
 

Point
自分たちで山賊会議というコミュニティーを運営することによって、主体性の発揮を促し、コミュニケーション能力を育み、そして自分たちで決めたことを実行するという責任感を培っていくことを狙いとしています。

ご飯づくり&火おこし

「食事は自分たちでつくる!」のおきて通り、朝・夕の食事作りは自分たちで協力して作るよ。もちろん薪を使って火おこしからはじめるんだ!みんなで作ったご飯はおいしいよ!
 

Point
なぜ、わざわざ手のかかる食事作りをするのか?それは、手のかかるちょっとめんどうな暮らしの作業の中にこそ、こどもたちの主体性が発揮される場面があるからです。
「待つ」から「関わる・動く」へ。食事作りを通して、主体性とチームワークを学びます。


※昼は、遊びの時間を確保するために行動食となります。

川遊び

 なんとキャンプ場のすぐ横に左京川が流れているよ!
そこは信じられないほど水がきれいな川。みんなで川遊びをするんだ。
さらにチャレンジしたいときは、上流の大きな滝を目指して沢のぼりだ!
 

Point
「チャレンジ」とは、今の自分から一歩踏み出すこと!
その踏み出すプロセスにこそ、こどもたちの「学び」と「成長」があります。
沢のぼりは自分、チームワーク、そして未知へのチャレンジです。

ネイチャークラフト

竹や木材、河原の石…自然の中にあるものでいろんなものを作ってみよう!弓矢に水鉄砲、ネームプレートにおはしに、アクセサリーも⁉ 自分で考えて、工夫して、創ることはめちゃくちゃ楽しいよ!

ハイキング&森の冒険&山のぼり

キャンプ場周辺のハイキングでは地域の方と出会ったり、生き物や植物を探しながら歩いたり。ちょっと足をのばして大峰山へ登山にでかければ、山道を探検した先にある山頂では、天竜川が流れる雄大な泰阜村の景色が見られる!太陽がしずんだら星空やホタルを見にナイトハイクにも行けるよ。

ドラム缶風呂

山賊キャンプで人気の遊び。川から水をくんでドラム缶をいっぱいにしたら、薪を使って火をおこすよ。青空の下で入るお風呂はサイコー!
 
※水着を着て入ります。身体を洗うためのシャワーは別にあります。
 

Point
こんなちょっとめんどうくさい作業がどうしてこんなに楽しいのでしょうか?それは、自分達で一から始め、失敗しては知恵を出し合い工夫して、焚き上げたお風呂に入るということが「楽しい」からです。仲間のために焚くことが「楽しい」と感じられた時、本当の思いやりを学びます。

虫とり

山賊キャンプ場にはギンヤンマ・カブトムシ・クワガタ・バッタ。川にはオタマジャクシ・カニ・アカハライモリ・ヤゴ。近くの田んぼにはカエル・水カマキリ・ミズスマシ!まだまだたくさんの生き物たちが住んでいるんだ!
大自然の中で色んな生き物たちとふれ合ってみよう!

朝づくり

この地域(泰阜村)に昔からある生活習慣で、朝飯前のひと仕事という意味があるんだ。朝ご飯づくりの前にみんなが気持ちよく暮らすための掃除や準備をする時間だよ。「自分たちのことは自分たちでする」山賊たちにはとても大切な時間だよ。
 

Point
身の回りの掃除は何もキャンプに限ったものではなく、むしろ日常生活において重要な活動です。こどもたちはごみ捨て、テントそうじ、トイレそうじなどを自分たちで決めて行います。

キャンプファイヤー

キャンプの夜といえばやっぱりキャンプファイヤー!
山賊キャンプはプログラムも司会も自分たちで考えてやるんだよ。歌あり、ダンスあり、ゲームあり?!どんな内容になるかはみんな次第!
みんなでつくるキャンプファイヤーは最高!

野宿

山賊キャンプの隠れた人気No.1は、星空を見上げながら、広い大地の上で眠る野宿!太陽の熱が残った地面の温度を感じながら外で寝るのはとっても気持ちいい。一度やってみたらきっと夢中になるよ。
 
※野宿は、毎年半分以上のこどもがチャレンジしています。安全管理を徹底しておりますので、原則希望すればだれでもチャレンジすることができます。
※ただし、天候及び参加者の体調などを考慮し、主催者側で実施を見合わせる場合もございます。あらかじめご承知おきください。