2022夏の信州こども山賊キャンプ

Shinshu Kids’ Sanzoku Camp in summer

HOME | 夏の信州こども山賊キャンプ | 山賊キャンプのフィールド

山賊キャンプのフィールド

 
山賊キャンプを実施するのは長野県の南端、天竜川が底を流れる深い谷が続く山間の村。人口は焼く1500人ほど、国道も信号もコンビニもないですが、緑あふれ透き通る川の水が美しい、自然豊かな泰阜村。
そんな山里の深い山々に囲まれ清流が流れるところにメインフィールドとなる左京川キャンプ場があります。

readmore
 
 

山賊キャンプ・左京川キャンプ場

ベーシックキャンプ場 Basic

キャンプ場には、通称『イモテン』と呼ばれる80人ほどが寝られる大きなテントがあり、みんなで寝袋を並べて眠ります。また、野宿して満天の星空を眺めながら眠りにつくことも。
ベーシックキャンプ場の下には清流・左京川が流れており、アマゴも泳ぐこの川で思う存分川遊びを楽しめます。

 

チャンレンジキャンプ場 Challenge

ベーシックコースキャンプ場の少し奥にあるキャンプ場。すぐそばに水道はありませんが、きれいな水が流れる左京川が、すぐ横を流れています。川の水は食器洗いや、ドラム缶風呂の水として利用し、暮らしに役立てています。

 

本部棟 Basic

ここには公営水道を完備しています。あわせてキャンプ現場の運営本部がおかれ、スタッフが常駐します。そのほか食料庫・物資庫・保健室・全体の台所機能も備えています。

 

トイレ棟 Basic Challenge

健康的なキャンプ生活をサポートするための簡易水洗トイレです。外灯も設置しており、夜でも安心してトイレに行けます。

 

左京川 Basic Challenge Super

キャンプ場のほとりに流れる清流で、おどろくほど透きとおった水です。小さい子でも楽しく遊べます。下流には天然ため池プールがあり、飛び込んで遊ぶことができます。また、上流へ行くと沢のぼりも楽しむことができます。

 

その他活動フィールド

暮らしの学校「だいだらぼっち」Super Zero

NPOグリーンウッドが主催する1年間の山村留学事業に参加するこどもたちが暮らす宿舎です。スーパーコース(S1組、Z1組)のあじとにもなります。

あんじゃね自然学校

あんじゃね自然学校 Super

山賊キャンプスーパーコース(S2組)のあじととなるのがここあんじゃねです!体験活動を推進するために建てられた村立の建物です。

天竜川 Super

ここでカヌーツーリングやスペシャルリバーフローティングに挑戦します。諏訪湖から太平洋に流れ込む一級河川です。

万古川 Super

信州の秘境「万古川」。ここではウォータースライダーが楽しめるだけでなく、アマゴが泳いでいる姿も見ることができます。

和知野川 Super

やすおか村のお隣、天龍村を流れる和知野川。リバーフローティングにもってこいの清流です。

大峰山 Basic Challenge Super

暮らしの学校だいだらぼっちから約30分程で登れます。山頂からの眺めは絶景です。