MFA(メディック・ファースト・エイドR)講座

Medical First Aid program

HOME | 安全教育 | MFA(メディック・ファーストエイド)講座

MFAはメディック・ファースト・エイド(R)とは?

MFAはメディック・ファースト・エイド(R)の略称です。
アメリカのMFAインターナショナル社が研究開発した一般市民のレベルで、『魔の6分間』にできることを体得するためのプログラム。
国連の関連組織である世界安全機構(WSO)の推奨を受けて世界80カ国以上で普及しています。
MFAが採用している救急医療ガイドラインはAHA(アメリカ心臓学会)、JAMA(アメリカ医師会報)、AAOS(アメリカ整形外科学会)
そして各日本医療関係団体が採用している最新発表のものです。
MEDIC FIRST AIDR(メディック・ファーストエイドR)の詳細 についてはhttp://www.mfa-japan.comをご覧ください 。

MFAプログラム内容

MFA講座 ケアプラス(超凝縮)コース

 

  • ■日程内容
    • ■4時間程度
      ■教材:専用テキストレスキュー呼吸用マスクとバリア(手袋)
      ■認定資格あり(国際救急救命法)救命法の必要最低限のスキルだけを盛り込んだ短時間の超凝縮プログラム。心肺蘇生やAEDの操作を習得します。
  • ■料金(1人当たり)
    • ■ 費用は受講人数によって変動
    • 4~6名  11,000円
    • 7~9名  10,000円
    • 9名以上  9,000円

 

MFA講座 ベーシック(成人用)コース

 

  • ■日程内容
    • ■7時間程度
      ■教材:専用テキストレスキュー呼吸用マスクとバリア(手袋)
      ■認定資格あり(国際救急救命法)成人の緊急時に対する対処法をフルに習得するプログラム。心肺蘇生やAEDの操作に加え、日常的なケガや病気への対処法も習得します。

 

  • ■料金(1人当たり)
    • ■ 費用は受講人数によって変動
    • 4~6名   16,000円
      7~9名   14,000円
      9名以上   11,000円

 
 

MFA講座 チャイルドケアプラス(小児用)コース

 

  • ■日程内容
    • ■8時間程度
      ■ 教材:専用テキストレスキュー呼吸用マスクとバリア(手袋)
    • ■ 認定資格あり(国際救急救命法)新生児から8才位までのこどもに対する緊急時の 対処法、予防、注意事項などをフルに習得するプログラム。また、こどもたちがいる場所には大人もいることから、成人の緊急時の手当て(基本的な救命スキル、AEDの操作)についても習得します。こどもの緊急時はもちろん、大人の緊急時にも対応できる万能プログラムです。

 

  • ■料金(1人当たり)
    • ■ 費用は受講人数によって変動
    • 4~6名  17,000円
      7~9名  15,000円
      9名以上  12,000円

 
いずれのコースも、みなさまが活動しているところ(ご希望の会場)まで、インストラクターが出張し、講座を開催いたします。(交通費・宿泊費は後日、実費をご負担いただきます。)
※当センターでの開催も可能です。ご希望の方はご相談ください。(当センターまでのアクセスはコチラ)

インストラクター紹介

MFA講座につきましては、国際インストラクター資格をもつグリーンウッドスタッフが対応いたします。
(※インストラクター養成については、国際トレーナー資格をもつグリーンウッドスタッフが対応します。)
いずれも、「山村留学・暮らしの学校だいだらぼっち」や「信州こども山賊キャンプ」にて、大勢のこどもや青年ボランティアたちと活動を共にしているスタッフです。

辻 英之

MFAトレーナー(国際登録No.200565)
 
MFA ベーシック  MFA 小児コース インストラクター養成 
NPOグリーンウッド代表理事
NPO法人自然体験活動推進協議会認定トレーナ