NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター




お問い合わせ | 団体概要 | ENGLISH | 
NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター 体験プログラム 地域との協働 ねっこ教育とは? スタッフ紹介 アクセス 受賞歴・マスコミ掲載
ホーム / スタッフコラム&ブログ / 事務局長しんのエデュケーションコラム
事務局長しんのエデュケーションコラム


2021年8月
 山賊キャンプの縁は一生もの

そんな気になってきます。
山賊キャンプの参加者の中には小学1年生から山賊キャンプに参加して、高校生になってからは相談員(ボランティア)、その後ひと夏やひと冬をずっと関わる長期ボランティアになる人もいます。7、8歳のまだまだ幼く色んなことを助けてもらっていた頃から、高学年の生意気な時期を超え、高校生、大学生で相談員として関わると今度はこちらが助けてもらう立場になったり。また就職の相談に乗ったり、合格をしたと一緒に喜んだりすることも。
今年、長期ボランティアに参加してくれたみっこも、小2で私がディレクターをしたスーパーコースに来たのをきっかけに、それから10年。今でも縁が続いているというわけです。

キャンプ申込みの中には「昔、山賊キャンプに相談員(あるいはこどもとして)で参加していました。娘をはじめてキャンプに出します」という声が届くことも一度や二度ではありません。

こんな手紙が届いたこともあります。「山賊キャンプのことでどうしてもお礼が言いたくて手紙を書きました。」という書き出しで始まり、小学生のころ3年間キャンプに参加し、その時に出会った友達と中学生まで文通をしてきて、その後音信不通になったが、また5年ぶりくらいに「久しぶり、元気?」と手紙が届いたということ。山賊キャンプが人との出会いの大切さに気づかせてくれたと書かれていました。

3泊や4泊の短いキャンプでこどもたちが急な成長をすることはありません。でも人の人生を変える力はある。参加者とのつながりがそう確信を与えてくれます。一方でそれだけの影響を与える怖さもあります。何気ない一言が良い影響を与えるばかりでないこともあるからです。
今年は参加者を大幅に減らしての開催でした。例え少なくてもこども一人ひとりには人生を変えるかもしれない、大きな体験なのです。そのダイナミズムを忘れずに与えられた機会をどう活かしていくことが私たちの役割であり、使命です。
コロナウイルスがあっても私たちにできることはまだあります。10年後の縁を紡ぐために挑戦を続けて参ります。





2021年7月
 「わからせる」から「わかりあう」へ

 私がだいだらぼっちの専任スタッフとなったのはグリーンウッドに来て6年目の年。同時に責任者となり、これまでキャンプや青年育成を担当していたところから大きく役割が変わりました。「あれをやりたい」「こうすべき」「こうやっていかなければ」と自分なりの理想像を創り上げるために気負いと気合いがあふれ出ていました。しかし、1ヵ月経たない内からこどもたちから洗礼を受けます。
 ご飯当番に入っていたこどもが作り終わった途端に、食べずになぜか部屋に戻って、出てこない。薪作業を終えてだいだらぼっちに戻ると、そのまま部屋にこもって出てこない。その年は8人しかいない年で、ただでさえ少ない人数だというのに、田んぼ作業、畑作業は目を離すと、男子のほとんどがいない…。自分の常識からかけ離れたこどもたちの行動から、「だいだらぼっちのこどもはこうあるべき」という私の「正しさ」は、時に強い言葉でこどもたちを指導することもしばしばありました。強い「正義」を持って理解させようとすれば、当然の結果が起きます。さらなる反発です。様々な問題が起こり、私の休みのたびに携帯が鳴り、学校に謝りに行ったり、保護者に連絡したり。心苦しさの中で、「どうしてうまくいかないんだ」と怒りと徒労感に包まれるばかりだった。

 一方でもちろん問題ばかりが起こったわけではありません。8人しかいない日常は、当然、毎日ご飯当番が回ってきたり、朝づくりの掃除も2か所も3か所もやらなければなりません。「誰かがやらねば暮らせない」という状況は、20人近くいるときよりも、圧倒的に暮らしの実感をこどもたちに与えたと思います。
 窯焚きでは、ひとりでも抜けたら回らないというローテーションで、小学生だからと臆している場合ではなく、全員が全ての役割をこなしていました。他の年の子たちに比べ、この年の子たちの薪くべはあきらかに上手だったのは、関わる時間と負っている責任が違うからだったと思います。
 薪作業も、当初は「薪が割れない」と逃げていた男子たちが、ギック、まるちゃんからおだてられ、ついには薪割り名人となり、そのおかげで母屋前の山となった薪を全て片づけて来年に引き継ぐという目標をやり遂げました。
 季節ごとに登山に行き吹雪の冬山に登ったり、全員で外国のこどもたちの前でソーラン節を踊ったり、学校から帰ってきた小学生と毎日サッカー野球をさせられたり。
 1年後の姿は決してだいだらぼっちの理想の姿ではありませんでした。しかしそれは、みんながゆっくりだけれど一歩ずつ歩み、少しずつ力を持ち寄り作り出した本物の豊かな場でした。

 苦しさも楽しさも全部ひっくるめて「だいだらぼっち」なんだ。「わからせる」のではなく、「わかりあう」ことを学ぶ1年なんだ。と気づきました。当時の私にとって、それは脳内に光が走り、暗闇の中に光を見出す感動に近いものでした。「わからせよう」「言ったらわかるでしょ」「理解させる」というのは、こちら側が正義だという思い込みです。それはとても危険なことなのです。どちらが正しいかという議論は分断を生みます。互いに「わかりあおう」という過程と時間にこそ、例え出した答えに大きな隔たりがあったとしても、理解できることを見つけ出し、一歩でも寄り添える希望になるのです。
 現在、新型コロナウイルスの対応やオリンピック開催の是非、様々なところで「自分の正義」をぶつけ合い傷つけあっています。分断はさらに広がっていくでしょう。こんなときこそ、この話題をタブーにせず、「わかりあおう」とする対話を大切にすべきなのだと、10年前のこどもたちが私に教えてくれたことを振り返りながら感じています。隣にいる人とまずは「対話」。これが平和の一歩なのです。





2021年6月
 おやつがない!その必然がこどもを育てる

 だいだらぼっちのおやつがなくなりました。
 だいだらぼっちのお勝手には、学校から帰ってきたこどもたちのために、いつもおやつが置いてあります。おやつ箱からそれぞれ自分の分をとって、学校であった話しなんかをしながら食べる、毎日の楽しみの時間であり、コミュニケーションの大切な要素でもありました。
そんなおやつが今廃止されています。今年になってからそのおやつを無断で食べたり、多く食べたりして無くなってしまうという事件があり、誰が食べたかわからないままに。おやつの一つや二つなくなることはこれまでも日常茶飯事で、こどもらしいと言えばこどもらしい事件ですが、なお悪いのは、誰が食べたか言わないこと。「ごめんなさい」と言ってくれれば良いのですが、未だ名乗り出てきません。
そんな状況をどうにかしようと、こどもたちが話し合った結果が「おやつの廃止」ということでした。おやつを廃止したからと言って根本の問題が解決されるわけではありませんが、こどもたちが出した答えを尊重し、1か月近く、みんなの楽しみであるおやつが食べられない状態が続いております。

 さておやつがなく不満を抱えているこどもたちに、最近思わぬ変化が見え始めました。
 学校から帰ってくると、こどもたちは畑のビワに直行します。ついこの間までは事務所裏のクワノミでした。今は母屋前にあるスモモも狙っている様子。
 育ち盛りのこどもたちは、おやつが食べられない状況からだいだらぼっちの周りにある果物を食べるようになったのです。今年は特にどれも成りがいいというのもありますが、とにかく群がって食べています。昨年度までのこどもたちも当然食べていたのですが、今年はその意欲が違います。
 「おやつがない=お腹がすく」という必然が、視線を外に向けさせ、食べ物を発見する力を開花させ、また周囲の豊かな自然を気づかせるきっかけになったのは非常に興味深いことです。
「暮らしから学ぶ」がわたしたちの行動理念ですが、まさに必然が人を育てるという好事例(?)。特に人間の欲求につながるものは即時性が高いことと、こどもたちの逞しさに妙に感心した出来事でした。

 さてこの「おやつ問題」。これからどうするのか改めてこどもたちは話し合うそうです。こどもたちが向き合っている問題は、一人の勝手が当たり前のように許されてしまうと、みんなで持ち寄り、分け合う暮らしが成り立たないこと。そして黙っている状況はみんなの安心した暮らしができないということです。たかがおやつ、されどおやつ。一事が万事なのです。がんばって自分たちなりの答えを出してくれることを願っています。





2021年5月
 新人1年目。こどもから教わった大切なコト

今年は新スタッフ1名と育成プロジェクト参加者2名の新人3人が入りました。こどもたちとの付き合い方に戸惑う姿を見ていると、私自身が来たばかりのころを思い出します。

私がだいだらぼっちに来たのは17年前の10月です。直前まで活動していた他団体での実習生の期間が9月末までとなっていたため、中途半端な時期からの参加でした。だいだらぼっちの場合、こどもも大人も4月に集合して1年がスタートします。ですから10月に来るというのはただでさえ珍しいタイミング。しかも既に半年を一緒に過ごしたこどもたちは、ちょうど1週間前に実施しただいだらぼっち祭りの成功から仲間同士のつながりも強まっていて、間に入り込むことも難しい時期でした。運の悪い(?)ことに私が到着した翌日に半年の実習を終えた女性が帰る日でもあったため、その人の代わりで来た人のように捉えられている感じもありました。涙を流しながら送り出した後、当時30才の若いとも言えない微妙な年頃の私が残っているのを見て、がっかりした様子が見えたのも決して気のせいでもなかったのを思い出します。
さらにだいだらぼっちには独特のヒエラルキーがあります。年齢よりもどちらの方が早くだいだらぼっちに来ていたか?というものです。小4の男子から、「そんなのもわからないのかよ」「わからないなら俺教えてやるよ」と先輩として面倒見てもらったりすることもよくありました。今でもそうですが、新人スタッフが継続メンバー(特に中学生)に「お風呂に入りな」とか「宿題やったの?」なんて言えば、「何偉そうに指示してんの。自分で考えてできるし」と反感を買う様子も、4月のだいだらぼっち「あるある」のひとつです。当時の中3女子3人の、新人の私のことは目にも入らないという態度を思い出します。年頃の女子がそんなに気軽に心を開くわけはないのです。

さていろいろな洗礼を受けながらもなんとか1か月が過ぎたころ、ある一人のこどもが、「みんなと仲良くできないから、もう家に帰りたい」と泣きながら話すことがあり、急遽全員で話し合いが行われました。

かにさんから「しんちゃんも輪に入って下さい」と促され、戸惑いながらこどもたちの話し合いの輪に入っていました。それぞれが理由を聞いたり、説得したり、自分の経験を話して、これからも一緒に過ごそうと励ましていました。そのまま何となく話は終わると思っていたところに「しんちゃんも意見ありますか?」と振られました。ただでさえ深刻な状況で果たして何を言えばいいのかと戸惑っていましたが、みんなの目が注がれる中で何も発言しないわけにはいきません。
だから、ただ自分の本心を素直に伝えました。
何を話したのかは朧気で覚えていませんが、きれいごとは言わなかったことは確かです。
その時にこどもたちの私を見る目が変わったと、空気から伝わってきました。その日を境に少しずつこどもとの距離感や関係性が変わりました。特に私に話しかけもしなかった中3の女子たちからも話しかけてくれるようにも。
見る目が変わったのは、「スゴイ人だ」という尊敬に変わったわけではありません。大人な振りをして良いことや偉そうなことを言わない人だということと、私という1人の「人間」がこどもたちに見えたのだと思います。

もうこどもと話すときに緊張することもありません。大分慣れたものだと思います。それでもこどもと関係性をちゃんと結ぶためには、必要以上に大きく見せたり、えらく見せたり、強く見せたりせず、1人のあるがままの人としてこどもの前にいること、それが一番大切なことだと、今でもその時のことを思い出しながら考えています。





2021年4月
 こどもを育てるよその人

我が家のこどもたちも村のこどもの一人として、グリーンウッドが運営している放課後児童クラブ「いってきました」に参加しています。
他のスタッフに面倒を見てもらうようで申し訳ないような気もしますが、働く親として大変助かっています。
その児童クラブに通う3年生の次女が、最近竹で箸を作り、大切そうに持って帰ってきました。帰ってくるなり、「今日からこれを使う!」とのこと。今も食卓に並べられ大事に使っています。これまで私が家族の箸を木で作って見せても見向きもせず、一緒に作らない?と誘ったところで興味を持たず、あげくせっかく作ったものも、既製品の方がいいとそちらが使われる始末だったのに。ちょっと複雑な気持ちです。

だいだらぼっちのこどもたちと暮らす中で、逆の立場になることもよくあります。家では親が何を言ってもやらなかったピアノを毎日練習したり、人見知りだった子が人前で堂々と話せるようになったり、嫌いな食べ物が食べられるようになったり、お菓子作りや料理が得意になったりと、預けた保護者からすると変化に驚くことは枚挙に暇がありません。それは決して私たちの関わり方が特筆しているわけではないこともあります。

人が育つために家族でない「よその人」の関わりはとても重要なのです。

ひとつは感情的にならない。どうしても家族だと感情が先に立つことが往々にしてあります。感情はバリアを生んで、つまらないことでも受け入れられないことがたくさんあります。
よその人と関わる場面は、親と物理的距離が離れているときです。こども自身も多少の緊張感と、自分で考えなければならない場となります。小さなころから大なり小なりこどもの行動に意見をしてきた親が入れば、「どうしよう?」と判断を親に任せてしまったり、あるいは「どうする?」とこどもの答えが出る前に親が促してしまうこともあります。よその人と関わる場面は、こどもたちが自分で考えて決めることを促します。
そして何より、他人は良い意味で無責任です。その子の背景や普段の様子を知らなければ、今起こっているその事象だけを捉えます。普段はやんちゃばかりしていても、今良いことをしていれば認めてくれます。余計なフィルターを持っていない他者の目はこどもの安心につながります。

「自分のこどもは自分で育てる」その通りである一方で、親では育てられないこともたくさんあります。他人に頼ることがネガティブに捉えられることも耳にしますが、こどもの成長にとって親ではない「よその人」だから育つものもあるのだと改めて感じた出来事でした。








NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6342-2  TEL : 0260(25)2851  FAX : 0260(25)2850

  >個人情報保護方針について
Copyright c NPO-GreenWood. All rights reserved