NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
寄付のお願い




お問い合わせ | 団体概要 | ENGLISH | 
NPO体験プログラム NPO地域との協働 NPOスタッフ


NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター主催事業における
新型コロナウイルス対策ガイドライン(2020.10.31版)

○基本的考え方について

■ガイドラインについて
  • 公的機関が発行する各種のガイドライン(巻末掲載)や専門家の意見を参考に当団体のガイドラインの策定行うこと、また従来から運用していた衛生管理ガイドラインを遵守し、事業を実施する。
  • 社会のコロナウイルス感染状況や対応策の変化により、本ガイドラインは随時変更する。必要であればHPなどに掲載し、参加者の理解を得るよう努める。
■実施基準
  • 新型コロナウイルス感染者の増加を受け、感染リスクを下げるために参加者の移動を極力減らすことを目的に、全国からの参加者の募集を見合わせ、県内在住者のみとする。(2020.10.31現在)
  • これまでの参加者数より半数程度に抑えて実施する。
■その他
  • 運営スタッフは新型コロナウイルス感染予防を参加者が自ら考え行動するための方法を提示し、常に働きかける。
  • 運営スタッフは新型コロナウイルスを含め、いかなる人権侵害が行われないよう注意を払って事業を実施する。
  • 運営スタッフは常にリスク評価を行い、感染予防策の対策を行う。
  • 運営スタッフはコロナウイルス対策だけに注意を払うのではなく、その他のリスクについても十分注意を払い、活動を行うことを徹底する。

○参加者について

■参加者について
  • 上記の通り、長野県内在住者のみとする。(2020.10.31現在)
■参加者にお願いすること
  • 参加者には開催2週間前からの検温を含む健康チェックシートの記入と提出を依頼し、下記に該当する健康状態の場合は参加を取りやめていただく。
    • 37.5度以上の発熱・平熱より+1度以上の発熱・息苦しさ・だるさ・咳・咽頭通・その他体調がすぐれない場合
    • 過去2週間以内に長野県が「往来の必要性について改めて検討を(直近1週間当たり10万人あたりの新規感染者が5.0人を超えている)」に該当する県に来訪された場合
    • 周辺で感染者が発生し、参加者及びその家族が濃厚接触者と判断された場合

○運営スタッフについて

■運営団体スタッフについて
  • 当団体運営用コロナウイルス対策ガイドラインに準じて、毎日の健康チェックと記入、県外への往来対応などを行い、十分な感染予防対策を行ったスタッフが事業を実施する。
■ボランティアスタッフについて
  • 事業にボランティアスタッフが参加する場合は、グリーンウッドの研修を受けた県内在住者に限る。(2020.10.31現在)
  • ボランティアスタッフは事業開始2週間前より、規定の健康チェックシートの記入と提出を義務づける。
  • 参加者と同様の体調不良が認められる場合、周辺の感染者の確認や接触が疑われる場合は参加を取りやめる。

○事業運営方法

■マスクの着用について
  • 室内での活動(食事作り・参加者同士が密接する活動・車での移動)の際はマスクを着用する。
  • 野外での活動の際はマスクの着用は特に勧めない。
  • ただしスタッフについては、マスクあるいはフェイスガードを常時着用する。
■換気について
  • 室内での活動の際はできる限り常時換気を行う。ただし寒さなどでその他の健康に影響を及ぼすような気候の際は、1時間に1回(10分程度)の換気を行う。
■宿泊を伴う場合
  • 家族参加の事業の場合は、家族ごとのテントや宿泊場所に分け、他の参加者と宿泊を共にしない対応をとる。
  • 不特定多数の参加者が同じ場所で就寝する際は、マスクの着用を励行する。難しい場合は特に強制はしないが、参加者同士が密接しないよう距離を保って寝られるように指導する。
■手洗いうがい
  • グリーンウッド衛生ガイドラインに従い、「外出から戻ってきた際、食事作りの前、食事前、トイレの後」は手洗いうがいとアルコールスプレーでの消毒を徹底する。
■検温
  • グリーンウッド衛生ガイドラインに従い、起床後、就寝前の検温に加え、昼食前の検温と、参加者の健康状態の確認を行う。
■消毒など
  • グリーンウッド衛生ガイドラインに従い、夜間の調理道具、食器、ドアノブなどをアルコールと次亜塩素ナトリウムによる消毒を行う。
■食事について
  • 参加者同士の距離を十分離し、室内での飲食の際は間にアクリル板を立てる。
  • 食事の配膳は運営スタッフが行う。
■風呂について
  • 人数を3人程度に限り、密接しないように行う。
■その他
  • その他の衛生管理についても、グリーンウッド衛生ガイドラインに従い実施する。

○体調不良者及び感染者が発出した場合について

■事業実施中に発熱や体調不良者が出た場合
  • 発熱や体調不良者が確認された際は、事業参加を取りやめていただき、帰宅あるいは保護者の引取りをお願いする。
  • 保護者の引き取りまでの時間は、隔離できる部屋にて待機してもらう。
  • 帰宅後の体調を経過観察していただき、もし、感染の疑いが発生した場合は、必ず主催者への連絡をお願いする。
■事業実施中に参加者及びスタッフにコロナウイルス感染者が出た場合
  • 実施中の事業を中止し、保健所あるいは病院の指示に従って行動する。
■事業実施後に参加者(ボランティアを含む)の中で感染者がいたことが判明した場合
  • 帰宅後、コロナウイルスに感染した疑いが発生した場合は必ず主催者への連絡をお願いする。
  • 他参加者にも速やかに状況を共有し、適切な対応をとっていただくようお願いする。
■事業実施後に運営者側で感染者がいたことが判明した場合
  • 保健所の判断に従い、感染の疑いがある参加者(ボランティアを含む)に状況を共有し、適切な対応をとっていただくようお願いする。。

○参考ガイドライン

  • 自然然体験活動・自然教育・野外教育・環境教育を実施している事業体(以下自然学校等)における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第 1 版)
    ●公益社団法人日本環境教育フォーラム・NPO 法人自然体験活動推進協議会・一般・社団法人日本アウトドアネットワーク / 2020 年 5 月 27 日
  • 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対応した 環境教育活動に関するガイドライン(ver.2)
    ●一般社団法人日本環境教育学会
  • 学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜「学校の新しい生活様式」〜(2020.9.3 Ver.4) 
    ●文部科学省



NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6342-2  TEL : 0260(25)2851  FAX : 0260(25)2850

  >個人情報保護方針について
Copyright c NPO-GreenWood. All rights reserved