山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2018年だいだらぼっち 日々の様子> 11月4週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 11月第4週 ・ 11/19〜11/25 >

ふうは家族分の食器を作っています。これは焼き肉のたれを入れるための器。一皿で三度おいしい、三種類の味を楽しめるお皿です。来月予定している登り窯に入れるのを楽しみにしています。
今日は説明会のリハーサル。本番まではあと2週間近くあるのですが、合間に結婚式やテストがあるので早めにやることにしたこどもたち。今まで無いかもしれないと思うくらいの準備の良さ!これが持続するとよいのだけれど・・・。
サラとくらばんは味噌を樽からうつしています。これは去年のGWに仕込んだお味噌。毎日のお味噌汁には欠かせません!今年のGWに仕込んだお味噌も一年後には・・・と思うとこれまた楽しみです。自分たちで仕込んだ味噌の味は格別なのです。
忙しい合間をぬってナイトハイクに出かけたこどもたち。前回同様近くの橋まで行ってきました。そこで何をするのかと思えば、ひたすら走る!昼も夜も関係なくエネルギーが有り余っているこどもたちです。
寒くなってきたのでいよいよ薪ストーブの出番です。薪ストーブの上にはみかんが整列!焼きミカンはこどもたちの大好物なのです。
スタッフの結婚式を明日に控え、みんなで準備です。こちらは看板に飾るお花を作っています。
外では緋毛氈(ひもうせん)を広げて挙式の準備。こどもたちもワクワクそわそわしています。
結婚式当日は雲一つない空の下、こどもたちの歌で新郎新婦を迎え、素敵な式がとりおこなわれました。いとちゃんおめでとう!
来月の登り窯に向けて薪の準備が始まりました。大きな薪をオノで割ります。
それをナタや手オノで細くします。この細い薪を「小割(こわり)」といいます。大きな薪ももちろん使いますが、この小割の束を150以上も使って窯を焚きます。どんな窯焚きになるのか楽しみです。
みけ <みけのコメント>
ついこの間祭りが終わったかと思っていたのですが、山作業があったりスタッフの結婚式があったり、登り窯の準備もあって、こどもたちは大忙し。それでも仲間であるスタッフの結婚式の準備は一所懸命心を込めました。薪がいっぱいだった庭もこれまで見たこともないほどきれいな庭になりました。仲間の幸せはみんなの幸せ。だいだらぼっちではうれしいことや楽しいことは人数倍に増えるのです。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。