山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2018年だいだらぼっち 日々の様子> 6月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 6月第1週 ・ 5/28〜6/3 >

あこは夕飯の支度をしています。あこの顔よりも大きなキャベツと格闘中!今日は何ができるのかな?
なぎは手慣れた様子で支度をしています。この日はおいしい肉野菜炒めができました!
これは決してピノキオになろうとしているのではありません(笑)。のあは椅子の足が真っ直ぐに削れているか確認しながら作業しているのです。うまく削れるといいね。
かほはスプーンづくりに挑戦しています。初めてのチャレンジでどうしていいのかわからないこともありましたが、ノミを使うことを教えてもらったらなんとはかどること!ずっと立ち往生していたスプーン作りが一気に進みました!
サラは家族分のお皿を作っています。大きさと形をお揃いにするのは結構大変。それでも無事に5枚できあがり、どんな模様にしようか楽しそうに悩んでいます。きっと家族も大喜びだね。
みんなでものづくりの参考に、クラフトフェアに行こうと計画を立てています。やりたいことは自分たちで出して自分たちで計画を立てるのがだいだらぼっち流なのです。
クラフトフェアでのお昼の一コマ。お弁当を自分たちで作って持っていき、大きな石の上で「いただきま〜す!」
村の方から、梅がたくさんなっているから採りにおいでと連絡をいただきました。泰阜村のある下伊那地方は小梅の産地です。いただいたたくさんの小梅で、梅ジュースをつくるのです。今からできあがりが楽しみ!
こちらはタマネギがたくさん採れるから掘りにおいで!とこれまた村の方から声をかけていただき、掘らせていただいたところです。旬のものをいただけるって幸せですね!
だいだらぼっちの裏山に登りました。小さな山だけど眺めは抜群!頂上で叫ぶのはこれしかない。「ヤッホー!!」
みけ <みけのコメント>
今週末、クラフトフェアに出かけたこどもたち。ものづくりをするだいだらっ子にはとっても魅力的なイベントです。全国からものづくりを生業とする人たちが集まって出店しているイベントで、木工や陶芸、染物屋皮細工にガラス細工など、みんな興味津々。思い思いに店を回り、少しだけお買い物もして楽しい時間を過ごしました。そして、次の日に早速クラフトフェアで売っていた竹トンボを作るこどもたち。普通だったら買い物をして終わってしまうところなのでしょうが、それをみて、「作ってみたい!」「作れるかも!」と実際に行動に移すあたりがだいだらっ子!その出来栄えも意外とよくて、こどもの観察力と行動力も侮れません。この2カ月でこどもたちの中に少しずつ育ってきた「モノ」を観る目。自分で作れるものは意外といっぱいあるのです。欲しいものは自分で作ってみる。だいだらぼっちではチャレンジが基本なのです。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。