山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2018年だいだらぼっち 日々の様子> 5月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 5月第1週 ・ 4/30〜5/6 >

今週末の3連休の作業合宿に向けて、作業係りのメンバーが段取りをとっています。合宿に集まる人は120人にものぼります。そのすべての人たちを動かすのがこのメンバー。念入りに準備しなきゃね!
いよいよ合宿が始まります。気合を入れて、がんばるぞー!
だいだらぼっちで来年一年間使う味噌を仕込みます。仕上がりなんと100kg!たくさんの量の味噌も、みんなで仕込んだら楽しいね!
こちらはこの冬を越すために必要なストーブ薪。1tトラックに10杯分くらいの薪を運んで積みました。
世間ではお楽しみの連休にもかかわらず、目一杯作業をしに来てくださったみなさんに、お礼とおもてなしの意味を込めて、五平もちを焼きました。手作りみそだれと炭火で美味しい五平もちができました!
薪の海のようだった母屋前もすっかり片付いて綺麗になったところで、キャンプファイヤーをしました。これもお礼の意味合いを込めて、みなさんに楽しんでもらおうという企画です。昼間にキャンプファイヤーとは…!こどもの発想は自由なのです。
足かけ3日の合宿が終わった後、京都出身のクラバンのお父さんのおうしょーがお茶を点ててくれました。外でお抹茶をいただくなんてなかなかありません。みんなお菓子とお茶に大満足!おうしょーありがとうございました!
合宿も終わってほっと一息。らくとあことふうはチャロと一緒にお外で一休み。気持ちよさそうですね!
連休最後の日、稲の苗が届きました。疲れている体にムチ打って、苗床をつくります。今年は寒いせいか、苗の育ちがよくありません。これから田植えまでの間、しっかりお世話しなくちゃね!
らくとあこはもーりぃに教えてもらいながらパンを焼きました。なかなか見事な焼き上がりにご覧の笑顔です。
みけ <みけのコメント>
4月に集まってから一カ月余りで行った作業合宿。実は合宿のテーマを決めるのに10日以上もかかってしまいました。それから内容を出し合ってスケジュールを決めて、係を決めて、具体的な準備に取り掛かったのはほぼ1週間前でした。大人からみたら、こうすればいいのに、ああすればいいのに、ということはたくさんあります。でも、忍の一字でガマンガマン。こどもたちが自分で考え、話し合い、まとめて、実行するからこそ得られるものがあると信じているからです。きっとわけのわからないうちに進んでしまうことや、先を想像できずに動けなかったことがたくさんあったと思います。でも、集まって一カ月でこんなにたくさんの人を動かす合宿をこどもが取り仕切って行うなんて、大人だって大変です。でも大変だからこそ面白い!みんなで力を合わせて大きなことをやり遂げたこの感覚を大切に、まだまだ始まったばかりの一年を楽しみたいと思います。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。