山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2018年だいだらぼっち 日々の様子> 4月3週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 4月第3週 ・ 4/16〜4/22 >

なおくんが盛り付けにこだわって、とっても可愛らしい仕上がり!今年度初めてのお誕生日だったターチへ、お祝いのケーキを作ってみんなでいただきました!
「タマネギ切るの手伝って」と言われ「えー」と、部屋に戻るゆうた。ふてくされたかと思いきや…ゴーグルをつけたらもうタマネギなんてこわくない!
2週目のものづくり教室。毎回ギックが3分間でものづくりの素敵な話をしてくれます。今回は、「ものづくり」で大切なことは「わたし」だということ。みんな“自分”を大切にからだいっぱい使ってものづくりしよう!
いよいよ本格的に始まったものづくり!新規メンバーはねんどの練りと輪積みの仕方を教えてもらいました。はじめは「むずかしい〜」と言っていた子どもたちも、気づけば集中してこの表情です。
週に1度のニワトリ掃除。でもニワトリはこわいので、男子が外にだし、その隙に女子は中に新しいわらを敷きつめます。気持ちいい小屋でたくさん卵を産んでくれるといいね。
土曜日は朝から「通信」の発送準備。通信とは、保護者や卒業生などに向けて今年度のだいだらぼっちを伝えるものです。子どもたちが原稿作りや印刷も行います。午前中の宅急便屋さんが来るまでに、なんとかみんなで封筒に詰めなければ!
日曜日は畑の土おこし。食べたい野菜をつくるために、まずはいい畑の土台をつくらなければいけません。だけど、大きな草はひっこ抜くのも一苦労。らく、がんばれ!
作業や話し合いのすきま時間は大人も子どもも「ものづくり」をしています。だいだらぼっちには今、木工ブームが来ています!
だいだらの広場にこんな素敵な場所ができました。「ふう」と「らく」つくったカフェ、名付けて「ふらカフェ」。あたりにある材を集めてテーブルやオブジェ、近くにはハンモックもついています。
週末の締めくくりは、即興だいだらバンド。中学男子によるエアバンドメンバーも加わりにぎやかな夜です。
ゆべし <ゆべしのコメント>
「通信」、畑のこと、そしてゴールデンウィークに行う合宿の話し合いなど、締切に追われるかのように忙しい1週間でした。みんな疲れているはずなのに、それぞれに隙間時間を見つけ、夢中になって何かに取り組んでいる様子がありました。継続メンバーの姿を見ながら、だいだらぼっち全体に暮らしを楽しむ芽が出てきたように思います。
今週のものづくり教室では「失敗してもこわさないこと」「隙間時間をつくること」をギックに教わりました。これは1年間の暮らしのヒントにもつながっているのかなと感じました。色んな方向に進んでいく話し合いも、ものづくりも、自分たちの思いと時間を大切にしながら、どんな形にしようか?どんな暮らしにしようか?忙しいけれど、ワクワクしながら考えていきたです!


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。