2018夏の信州こども山賊キャンプボランティア募集
〜 仕事は子どもたちの笑顔を作ること!  冬のキャンプボランティア募集! 〜
 2018冬キャンプボランティア募集 ホーム > 山賊キャンプボランティアの心構え

山賊キャンプボランティアの心構え

相談員とは?
 こどもと向き合うなかで、こうでなければならないという答えはありません。こどもの前で悩んだり、苦しんだりしながら、自分なりの答えを出してください。そこで失敗や間違いがあって、初めて学びになります。大事なのは、どんな場面でもこどもと本気で向き合うことです。
 ボランティアのみなさんが出会う出来事は千差万別。そこで求められることは、常に「自分で考え、行動する」ことです。みなさんの意見や行動がキャンプの雰囲気にもつながります。みなさんが楽しくキャンプをしようと考え、そして楽しむことが出来れば、山賊キャンプは、こどもにとっても大人にとっても素晴らしいキャンプになります。
 山賊キャンプを行うにあたって、相談員の存在は不可欠です。なぜなら、こどもと最も近いところにいて、最も長い時間過ごすのが相談員だからです。逆に言えばあなたの言動や態度でこどもを傷つけたり、雰囲気を壊したり、山賊キャンプの運営に支障をきたすこともあります。こどもに「山賊キャンプのおきて」があるように、相談員にもよりキャンプを楽しむために大切な「おきて」があります。「おきて」を守れることを決意した方は、申込書にサインをして、申し込みをしてください。

冬キャンプ ボランティア 募集
その1 安全確保

なにはなくともこどもの安全を守ることがみなさんの第一の仕事になります。
安全とはケガだけをしないようにすればいいのでしょうか?それは違います。
安全とはケガや病気など身体の安全管理ももちろんですが、大人もこどもも含めた不用意な発言で心を傷つけること、性的ないやがらせや体罰などでこどもの人権を傷つける心の安全管理も含みます。常に相談員の方は「今の自分の行動はこどもの安全を守れるのか」を考えながら活動するよう心がけてください。

その2 こどものよき相談相手に

山賊キャンプでは火おこしからごはん作り、そしてキャンプファイヤーの実行委員など全てこどもたちの手に任せます。しかし、こどもたちだけで出来ることには限界があります。そのときはよき相談相手、同じ仲間としてアドバイスをして、ぜひキャンプの成功を手助けしてあげてください。
また一人で来て不安なこどももいます。過度に相手をすることもありませんが、こどもたちの様子を見ながら声をかけてあげることも忘れないでください。

その3 自分も楽しむ!

では常にこどもに目を光らせなければいけないのか。そうではありません。相談員のみなさんもキャンプを楽しむために、こどもと一緒に大いに遊んでください。何事も全力で取り組み、楽しむ姿からこどもたちが「大きくなったら、このお兄さん、お姉さんのようになりたい!」と思うような存在であってほしいと思います。




■キャンプボランティア お申し込み先
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6342-2
NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター キャンプボランティア係

■キャンプボランティアに関するお問い合わせ先
NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター キャンプボランティア係 担当:緒方 公美(おがたくみ)
TEL:0260-25-2861(受付10:00〜19:00 土日祝除) FAX:0260-25-2850 e-mail:camp@greenwood.or.jp

NPOグリーンウッド自然体験教育センター
Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。