NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター





     |お問い合わせ | 団体概要 |    
ホーム / 団体概要 / 採用情報 

 採用情報

●採用情報トップ
●代表メッセージ
●採用担当者からのメッセージ
●NPOグリーンウッドが求める人財
グリーンウッドの教育力 〜考え方と実績〜
「仕事」×「暮らす」場所
    〜 グリーンウッドという職場 〜
ここで働く人たち
    〜 先輩スタッフインタビュー 〜
福田 適子(あっこ)
矢加部 優(ばず)
森 久哲(もーりぃ)
齋藤 晴子(ぱる)
森 奈央美(なおみち)
●新規採用募集要項 
●中途採用募集要項
●お問い合わせ

グリーンウッドが求める人財

仕事と暮らしが密着した職場がグリーンウッドです。
それぞれの仕事の役割と
30年間の積み重ねが作り上げた風土
そして私たち働くスタッフの暮らしを紹介します。


長期事業部


一年間親元を離れ、仲間と共に小中学生が山村生活をする「暮らしの学校だいだらぼっち」。グリーンウッドが行う事業のねっことなっている活動です。長期事業部のスタッフはこどもたちの暮らしのサポートや、保護者、学校、地域と連携して、こどもの育ちを応援する役割を担います。
 一言でこどものサポートと言っても、多岐にわたります。例えば薪の暮らしを継続するために、山に行き、チェーンソーを使って伐倒したり、時にこどもたちの心のよりどころになることもあります。30年続けた教育理念を継続しながら、時代と共に変革する勇気も持つこと。そして何よりこどもたちと向き合い、小さな一歩を信じる粘り強い心が求められます。


⇒ 先輩スタッフ紹介&インタビュー 
   森 久哲(もーりぃ)


長期事業部

 だいだらぼっちの教育理念を、多様な対象に事業として提供するのが短期事業部です。最も大きな役割は、ひと夏1,100人が参加する「信州こども山賊キャンプ」を企画立案と、ディレクターとしてキャンプの現場運営をすること。現在は対象も広がり、幼児向けの自然体験「森のようちえん」、地元泰阜村のこども対象事業や地域の高校の地域貢献事業のコーディネイト、大学の授業やゼミ単位でのワークショップ受け入れなど幼児から青年、都心から地元まで、全年代、全地域を対象にグリーンウッドの教育理念を体験活動に企画、運営します。地域の教育力をどのようにプログラム化して提供できるか?時代の声と参加者の声を聴く真摯な姿勢とセンスが求められる仕事です。


⇒ 先輩スタッフ紹介&インタビュー 
   矢加部 優(バズ)


総務部部
総務部部
 グリーンウッドには、参加者と直接関わらずとも社会へ貢献する仕事があります。財務や出納、備品管理や福利厚生、さらに広報や視察・セミナー・講演の窓口までも行う事務のスペシャリストである総務部です。
 NPOというと、とかく総務の仕事がおきざりなイメージがありますが、総務の弱い組織は衰退し、逆に総務の強い組織は伸びる、と言われるほど、総務は団体の要の仕事です。
 グリーンウッドが根付く泰阜村の地域とのお付き合いや、「だいだらぼっち」に関わってきた保護者などの応援団と「信頼」という輪でつながり、グリーンウッドが組織として継続的に活動するための基盤整備をする部門です。


⇒ 先輩スタッフ紹介&インタビュー 
   森 奈央美(なおみち)


⇒ 先輩スタッフ紹介&インタビュー 
   齋藤 晴子(ぱる)



 スタッフは泰阜村内に村営住宅を借りて暮らしますが、食事は「だいだらぼっち」で食べることがほとんどです。特にひとり暮らしのスタッフは朝晩もこどもたちが作ってくれたものをだいだらぼっちで一緒に食べます。こどもたちが学校に行っている昼食はスタッフが当番で作ります。グリーンウッドのスタッフはみんな食べることが大好きなので、お昼ご飯もそれぞれのスタッフが腕によりをかけてつくります。
 また全国から集まる山村留学のこどもたちは30年の活動で400名以上の卒業生を生みました。時に、そんな全国の仲間から旬のそこでしか食べられないようなものを送ってくださることもしばしばです。長野にいながらにして、全国のおいしいものが食べられるのは、たくさんの仲間とつながっているから。お金ではない「豊かさ」は人とのつながりであるのだと確信できる出来事です。

 「だいだらぼっち」は手に届く範囲の自給自足。こどもたちは畑や田んぼでたべものを育てますが、私たちスタッフも地域にあるたくさんの恵みをもらって暮らしを楽しんでいます。例えば、季節ごとに山菜をとり、味噌を仕込み、梅をいただいてジュースや梅酒を作り、栗を食べ、季節の植物で染物をするスタッフもいます。まただいだらぼっちには陶芸工房と窯もあるので、自分たちが使う食器はすべて手作り。中には木工で箸はもちろん、スプーンやフォーク、イスやテーブルを作ったりもします。
 採れたての野菜、自然の恵みは当たり前ですがどれもタダ。お金がかからず、ホンモノの「豊かさ」を感じられるのが、グリーンウッドの手作りの暮らしです。

 私たちの住む泰阜村は人口1700人あまりの小さな村。スーパーもコンビニも信号もない村です。いわゆる都会的な便利さはありませんが、だからこそ困ったときは「お互い様」。「結の精神」で協力して乗り越えます。例えば、地域の道路も年に3回ほど集まって、草刈りや溝さらいなどみんなできれいにしたり、一人暮らしのお年寄りのお宅があれば、雪が降ったとき雪かきをしに行きます。老人クラブが主催する「花いっぱい運動」では、県道沿いに花を植え、夏の道路を彩ります。また若い男性スタッフは消防団に入り、地域を守ります。
 少ない人数だからこそ、一人一人の力が発揮され、大切にされる。それが泰阜村です。



NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6342-2  TEL : 0260(25)2851  FAX : 0260(25)2850

  >個人情報保護方針について
Copyright c NPO-GreenWood. All rights reserved