NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター





     |お問い合わせ | 団体概要 |    
ホーム / 団体概要 / 採用情報 

 採用情報

●採用情報トップ
●代表からのメッセージ
●採用担当者からのメッセージ
●NPOグリーンウッドが求める人財
グリーンウッドの教育力 〜考え方と実績〜
「仕事」×「暮らす」場所
    〜 グリーンウッドという職場 〜
ここで働く人たち
    〜 先輩スタッフインタビュー 〜
福田 適子(あっこ)
矢加部 優(ばず)
森 久哲(もーりぃ)
齋藤 晴子(ぱる)
森 奈央美(なおみち)
●新規採用募集要項 
●中途採用募集要項
●お問い合わせ

グリーンウッドが求める人財



 今から30年ほど前の1980年代。学校の管理教育と進学競争が激化したことで、こどもたちを取り巻く環境も大きく変わり、塾やお稽古ごと、テレビゲームと、外で遊ばないこどもたちが目立ちはじめました。それにつれ、校内暴力やいじめ、こどもの自殺といった社会問題も深刻化していました。
 この時代、これまで当たり前にあった、こども同士で自由な時間と場所と仲間で遊ぶこども社会が急速に失われていきました。そんな社会に危機感を感じた若者たちが生みだしたのが、「暮らしの学校だいだらぼっち」です。管理教育に対して自由教育を志向し、「こどもが主役」をモットーに、仲間と共同生活をしながら地元の学校に通う、いわゆる寄宿舎型の山村留学を開始。ここでは食事作りから掃除、洗濯、一年間のスケジュール決めや自分たちの暮らしの問題まで全てこどもたちが話し合います。暮らしの中の「どうやって暮らすか?」という「必然」からこどもたちは考え、チャレンジと失敗を繰り返し、仲間と協力することを学び、まさに「生きる力」を育ててきました。
 NPOグリーンウッドの教育力の原点は、このような時代の中に生まれ出た、新しい教育のスタイルでした。
 暮らしの学校「だいだらぼっち」 





 わたしたちが30年間の活動の中で発見したのは、こどもたちの「ねっこ」を育てる重要性です。どんなに立派に葉を茂らせている木も、ねっこが弱ければ突然の嵐や災害で倒れてしまいます。人を木と例えるならば、枝や果実は、スキルや技術そして学力です。現代社会は高い能力を求める時代ですが、一方どんなに高い学力やスキルを持った優秀な人でも突然のトラブルに倒れたり、自立できないことが多々あるように思います。こどもたちの人生も親から手を離れ、1人で歩むためには、太く、長い丈夫なねっこを持つことが大切なのです。
 しっかり育ったねっこの分だけ、木は枝を伸ばし、葉を茂らせ、実を生らせます。自分の人生を生み出していくこと、身に付けた力を社会のために使う心を育てるためには、「感じる心」、「楽しむ心」、「生み出す心」が必要だとわたしたちは考えました。
 そしてもうひとつ。地域に根差した活動の中で、教育力を育てる土壌は「地域」にあることに気づきました。なんでもない自然や恵を与えてくれる田んぼ、畑、山。そして暮らしにはそこに住む人々の「結の精神」や知恵、暖かく見守る目があります。
 村長曰く「泰阜村は一周遅れのトップランナー」。これまで社会が求めていた「豊かさ」はモノや経済でした。一方、泰阜村にある「豊かさ」は、全く逆のものです。人を育てるために必要なものは、山村にこそあるものだということに気づきました。

⇒ ねっこ教育とは





 「だいだらぼっち」を立ち上げ、30年経った今の時代はどうでしょうか?一時期の受験戦争のような学力偏重の意識は薄くなってきたものの、ニートや引きこもり、就職後の退職率の高さなどこどもや若者を取り巻く環境はますます課題を抱え、さらには政治不信、大きな震災、沈みゆく地域など、社会を取り巻く課題はさらに大きくなっています。
 今、時代が求めているのは「誰もが安心できる社会」ではないでしょうか。そのために本当に必要なものは、これまでの経済を中心とした価値観から脱し、他者や自然と分かち合いながら暮らす、持続可能なこれまでとは違う新たな「豊かさ」という価値観を手に入れることです。
 そんな時代背景にあって、グリーンウッドへのニーズは広がってきています。私たちグリーンウッドが育てた「だいだらぼっち」という「ねっこ」は、大きく枝葉を広げ、対象を幼児から大学生などの青年層や若いお父さんお母さん、地元泰阜村での活動、地域づくりなどと増え、事業の形態も様々に変化してきました。その結果、テレビや新聞などで取り上げられることが増え、2003年以降700件の取材実績と、さらには泰阜村村長表彰や読売教育賞をはじめとする19の賞をいただくことができました。
 NPOグリーンウッドの仕事は、日本のどこにでもある「地域の当たり前の暮らし」から「教育力」を掘り起し、事業化して人を育てることです。それらが評価されていることは、今、社会へのメッセージが少しずつ届いていることの証だと考えています。

⇒ 受賞歴・マスコミ掲載歴


NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6342-2  TEL : 0260(25)2851  FAX : 0260(25)2850

  >個人情報保護方針について
Copyright c NPO-GreenWood. All rights reserved