山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2017年だいだらぼっち 日々の様子> 11月3週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 11月第3週 ・ 11/13〜11/19 >

たーちとかほは精米のお手伝いに行きました。精米機にお米を投入したり、精米されたお米を運んだり・・・。力持ちの二人にはもってこいのお仕事でした!
さらはハムスターの置物をつくりました。かわいらしい出来栄えに大満足!
なぎは四角い小物入れ作りに挑戦中。みんな今まで教わったことを駆使して思いを込めて作品を作っています。来月に予定している登り窯も楽しみですね。
男子三人が何やら格闘しています。いったい何をつくっているのでしょう!?
正解はクリームパン!見てください。こんなにおいしそうに焼けました!
いよいよ寒くなってきたので薪ストーブをつけることにしました。今年度初めて使うストーブ。去年からいるメンバーが使い方をレクチャーします。まずはお勝手のストーブから。
こちらは大広間のストーブ。一言で薪ストーブと言っても、大きさや形によって扱いが違うもの。みんなしっかり聞いて、自分たちでちゃんと焚いてね!
ストーブに火が入ると、そこには必ずと言っていいほど人が集まります。薪を焚くストーブのやさしいあたたかさは格別です。
薪作業のこの日、いっきゅうは薪わりに気合が入ります。一列に並べて割り進んでいくのです。バンバン割ってどんどん薪割りがうまくなるいっきゅう。薪割りマスターになる日も遠くない!?
薪作業は割れば終わりではありません。割った薪を拾い集めてきちんと積んで、乾かさないと使えないのです!しっかり片づけないとね!
みけ <みけのコメント>
11月に入り、朝晩の冷え込みが一段と厳しくなり、薪ストーブに火が入りました。いよいよ5月のGW合宿で準備した薪の出番です。半年以上しっかり乾かした薪なので、ばっちりよく燃えます。「木は燃えるもの」と思いがちですが、切って割ったばかりの薪は乾いていないので水分が多く、思うようには燃えません。だいだらぼっちに来る前はそんなことに気づく機会もないこどもたちは、日々のお風呂焚きやストーブ焚き、半年後のために準備する薪作業を重ねていく中で実感していくのです。今割った薪は、もしかしたら自分は使うことの無い薪なのかもしれません。使わないから準備しないのではなく、次の人が困らないように準備する。こんな風にだいだらぼっちは繋がれていくのです。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。