山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2017年だいだらぼっち 日々の様子> 11月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 11月第1週 ・ 10/30〜11/5 >

祭りの準備もいよいよ大詰め!丁度いい材を探してきて、2日目に使う看板を作っています。
こちらも祭りで使うこもどたちが育てたサツマイモです。取れたて新鮮!立派なサツマイモがでてきて一安心です。
こちらは大根!近くのお家に取りに行かせてもらいました!本当にいつもありがたいです。
台本作りを始めてから2か月、毎日時間を作って練習してきた劇がいよいよ本番を迎えます。緊張した空気の中、衣装、ヘアメイクが進んでいきます。
りさこもウサギ大変身!このメイクがこどもたちの気持ちを解き放ちます。
楽屋裏、腹が減っては戦はできぬということで、晩ごはんタイム!みんなメイクしてなんだか楽しい!
ついに始まった本番!家族はもちろん、学校の友達や先生。村の方々たくさんの人が見に来てくれました。そんな人たちに精一杯の感謝の気持ちで、思いっきり演技するこどもたち。今までで一番いい芝居をして大成功でした。
劇の後は出し物大会をしました。いっきゅうは着替えずに出番です。こっちも密かに練習していた三線です。とっても上手でした。
祭りも大成功に終わり、充実感と疲労感いっぱいのこどもたちでしたが、祭りの次の日はのびにのびた稲刈りです。疲れた体に鞭打って頑張ります。でも自分たちでやるのはやっぱり楽しくて、みんな大声出して、刈りきりました。
手刈り、天日干しがだいだら米。とても大変作業ですが、だいだらぼっちは人手があります。膨大な作業もみんなでやればあっという間なのです!6時間ほどかかって全て刈り切りました!
もーりぃ <もーりぃのコメント>
7月から計画を立て、9月から本格的に準備を始めてきただいだらぼっち祭が無事終了しました。この2か月色々ありました。一人では絶対にできない祭。たくさん話し合わなければならないこともあり、ケンカもたくさんしました。人と話すことが嫌になることも、誰かと一緒に作ることがめんどくさくなることもありました。それでも、なんとかみんなで創りあげてきました。こどもたちの振り返りは、「やってよかった」「楽しかった」「なんか団結感が増した気がする」でした。この2か月乗り越えたから感じる達成感。近道はありません。ひとつずつ、時間をかけて自分で考え、仲間の声を聴いて、悩んで、進んでいく。これがだいだらぼっちなのです。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。