山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2016年だいだらぼっち 日々の様子> 10月2週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 10月第2週 ・ 10/10〜10/16 >

近所に住むおばあちゃんの家に遊びに行きました。昔の様子や昔遊びについて伺うと、こどもたちの顔を見ながら、嬉しそうにお話をしくれました。
11月のだいだらぼっちまつりで披露する手作り劇の練習が、いよいよ始まりました。「こういう喋り方でいいかな?」「動きはどうしたらいい?」と役になりきろうと頑張っています。
畑で育てたさつまいもの収穫です!おりゃ?と思いっきり引っ張ると、こんな大きなさつまいもが出てきました。「俺らのが一番大きいよ!」と2人とも嬉しそうです。
収穫し終わったさつまいもの泥を落としているちーとはーちゃん。「スイートポテト作ろうかな!」「焼き芋パーティーも早くやりたいね!」たくさんの収穫に、やりたいことが膨らみます。
身近な石を、うまく作品に活用できないかと生み出されたのが、この写真立て。こうしたらもっと可愛くなるかも!と工夫しながら仕上げています!
真剣な表情で壺を作るたいが。12月の登り窯に向けて、力作を作ろうと頑張っています。
いよいよ、うるち米の収穫です。うまく水が抜けきらず、足元はグチャグチャ。そんな状況に負けず、「いっぱい刈るから!」と意気揚々のこっちゃんです!
刈った稲を持っているのが大変…と困っていると、すかさずサポートに入るゆり。大変な作業だからこそ、お互い支え合うことが大切だね!
最後の最後まで笑顔で作業に取り組むゆりぃ。稲束を作るのあと少し!がんばれ!
10a程ある田んぼの稲刈りを全て手作業で終えたこどもたち。最後まで頑張った自分たちへ、夕食時にささやかながらジュースでカンパイしました。
リス <リスのコメント>

先週に引き続き、今週はうるち米の稲刈りでした。この日のために水を抜いていたにも関わらず、田んぼは田植えのようにぬかるんでいました。とても大変な稲刈りでしたが、終えた後、こどもたちが口にしたのは、「こんなに作業に集中したのは、はじめてだった!」「みんなとやれたって思った!」という言葉でした。
今回、取った作戦は、チームを作りそれぞれ得意な作業をやることでした。そのおかげでテンポよく作業が進み、これならやれる!とみんなが先も見据えられるようになったのです。一人ひとりのできること、得意なことは異なります。その違いを活かしていけるような、作業の進め方が、今回の達成感、大変なことも気持ちよく行えたように思います。 この後も、だいだらぼっち祭りに向けての劇練習、その他企画と、忙しなく過ごす日々が続きます。こどもたち一人ひとりの頑張りを寄せ合える、そんなお祭りにしていきたいと感じました。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。