山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2016年だいだらぼっち 日々の様子> 8月4週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 8月第4週 ・ 8/21〜8/28 >

さあみんなが帰ってきました。初めにやることはお部屋の引っ越し!明日から学校が始まるのでなんとか今日中に終わらせようと力を合わせます。
1学期に植えたスイカがこんなに大きくなりました!とっても甘くておいしかったね。
職場体験でケーキ屋さんに行っていたはーちゃん。最終日にロールケーキの巻き方を教わり、お土産に持って帰ってきました。みんなから褒められて嬉しそう。
今週の教室は2学期に作りたいものを書き出し、何月に作るのか段取りを考えること。自然を相手にものづくりをしている私たちにとって材料をとる時期は重要です。
だいだらぼっちの敷地にある栗の木が実をつけました。まだまだ暑いけれど、もう秋だね!
2学期は週1回染物をする、という目標を立てたいたさや。第一回目はサルスベリの葉っぱを使いました。どんな色に染まるかな。
キャンプのボランティアで帰って来た元相談員のたまが、原毛で糸をつむいでいます。手と足を使って糸がつむがれていく光景に興味津々のらいとです。
週末は、夏休み中に伸びた草の草取り。草も伸びたけど、稲も大きくなりました。一学期にもがんばった甲斐あって、だいちから、今年の田んぼはここ数年で一番いい!と褒められるほど。美味しいお米が取れるまであとちょっと。
ペットボトルやバケツを使って「水鉄砲びしゃびしゃ大会」をしました。思いっきり水をかけあい暑さを吹っ飛ばしました。
3年目のたいがは、梨の皮をこんなに長くむけました。毎日ご飯づくりをしているから包丁づかいも上手だね。
くま <くまのコメント>

 夏休みが終わり、いよいよ2学期が始まりました。みんなが元気にそろうことができ、静かだった母屋が一気に明るくなりました。
 5月に作付けした畑のニンジンやナス、キュウリ、スイカなどが大きく実り毎日のようにご飯づくりに使っています。自分たちの手で植え、育て、やっと食べられるようになった野菜です。
また、今週の教室では、作りたいものを作りきるために段取りを考えました。竹細工やつる細工、染物、木工などものづくりをするためには材料が必要です。竹を取るのは夏が終わる9月以降、つるは11月ごろといつでも材料どりができるわけではありません。
 だいだらぼっちは、季節の流れの中で暮らしています。食べるにも何かを作るにも時期が大切です。夏・秋・冬の3つの季節が楽しめる2学期を全力で満喫しよう。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。