山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2015年だいだらぼっち 日々の様子> 5月2週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 5月第2週 ・ 5/4〜5/10 >

4月の終わりに収穫した八重桜の花びらで染物中のゆりぃ。花びらを5日ほど樽に漬けて布を染める液を作りました。そこに布を入れて染物にします。
「桜のにおいが手に移った!」とにこにこのゆりぃ。この時しか感じられないものだね!
この日は畑作業。
だいだらぼっちの前の畑を耕して作付です。「何を植えるのか」からみんなで話し合いをしてようやく決まりました。夏の収穫目指して作業開始!
近所のおばあま(おばあちゃん)がだいだらぼっちに寄って「うちで木を切ったで、もっていくかい」と声をかけてくれました。
走っておばあまのお家まで行くと、こんなに太い薪が!「どうやって持ったらいいの〜?!」と言いながら、何とか協力して運びます。
もうすぐ田植えの季節。その前のみんなのお楽しみは、この「田んぼオリンピック」です!
とにかく田んぼの中で泥だらけになって遊びます。こんなことができるのは田植え前の今しかないのです。
さぁ、思いっきり飛び込め!
「こんなに汚れたの生まれて初めて!!」
田んぼの中で泥投げ合戦をすれば、あっという間に全身隅々まで泥だらけです。思いっきり遊ぶって最高だね!
田んぼオリンピックの数日後、だいだらぼっちに稲の赤ちゃん苗が届きました。
田植えまで2週間の間、だいだらぼっちの畑で大切に育てます。「元気に大きくなれよー!」
山の中をあるくこども達。「けもの道散歩部」と題して、だいだらぼっちの近くの山の中で“けものの通り道”を探しながら探検をします。
谷の合間に光の差し込む小さな水の道を発見!きっと色々な動物の憩いの場です。
たっぷり探検しながら山を登り、頂上でおにぎりとゆで卵のお昼ご飯。
お腹ぺこぺこのみんなで食べると本当に美味しいね!
この日はだいだらぼっち近くの“秘境駅”から電車でお出かけをしました!
電車の中ではトランプを持ってお楽しみです。
電車と徒歩で3時間かけてたどり着いたのは、近くの村のイチゴ狩り!
沢山のイチゴに歓声を上げながらお腹いっぱいいただきました。
おぐ <おぐのコメント>

 だいだらぼっちのある泰阜村も周りの木々が新緑で溢れています。
桜の花びら、田植え前の田んぼ、畑の作付、イチゴ…どれもこの季節でしかできないことばかり。
 山の中に探検に行った「けもの道散歩部」のメンバーは、「この前来た時風景が全然違う!」と驚いていました。木が生い茂る前と後では山の様子も違ったのです。
 里山での暮らしは、人間が昔からそうしてきたように、自然に寄り添う暮らしです。私たちが自然に合わせて、その時にできることをする。その瞬間を捉えて五感で楽しむ時のこども達は、本当に活き活きとしています。
 これからめぐる春夏秋冬、刻一刻と移り変わる時を逃さずにこども達と楽しんでいきたいと思います。




Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。