山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2014年だいだらぼっち 日々の様子> 10月5週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 10月第5週 ・10/27〜11/2 >

だいだらぼっち祭りまであと少し、今日は劇のリハーサルがありました。最後まで、みんなで話し合い。より良いものを作ろうと意見を出し合います。
こちらは受付の様子です。申込み用紙を見ながらどこに泊まって、何食食べるのかなど、一つ一つ手書きでまとめていきます。こどもたちがこの祭りの主催者なのです。
こちらは、こどもたちのお店『夢屋』の準備です。てづくりハンコを使って、パッケージを作っています。
本番がはじまりました。こんなにもたくさんの家族や、卒業生たちがたのしみに集まってきてくれました。今回のテーマは「伝える感謝広がる笑顔」です。たくさんの笑顔が広がるように頑張ろう!
祭りの初めに行う“寄合”とうはじめの会の様子です。来てくれた人たちが困らないように、施設の説明や、祭りのプログラムなどを伝えます。
『夢屋』本番、薪などを使って工夫して商品をならべました。こどもたちの手作りの作品に来てくれた人も興味津々。こどもたちは頑張って作った商品について丁寧に説明しています。
劇本番直前。劇を見るためにさらにお客さんが集まってきました。校長先生や担任の先生、学校の友達など、その数総勢140人以上。みんな緊張と気合十分です。まだまだ練習不足の部分はあるけれど、あとは、元気と笑顔でやりぬこう!
今回の劇のタイトルは「どすこい!少女青春日誌」いじめられっこの女の子が相撲でいじめっ子と勝負する完全オリジナル作品です。本番に強いこどもたち、最高の出来で会場は大爆笑と感激で大きな拍手につつまれました。
2日目、お客さんに楽しんでもらうには?と考えたのがプロレスのタッグマッチです。さすけとたいがの小学4年生コンビが体格のいい相談員2人と戦います。この日のために練習した華麗な技が炸裂しました。
祭りの後、あわせてもう一つ企画がありました。だいだらぼっちのおかあさん“かにさん”の還暦を祝う会です。保護者会が中心となって大人もこどももみんなで持ち寄りかにさんの還暦をお祝いしました。「かにさんおめでとうございます。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」
もーりぃ < もーりぃコメント >

ついにだいだらぼっち祭りが終わりました。構想から約3か月の準備期間。うまくいかず泣くこともあったし、ケンカすることだってありました。でも祭りが終わったこどもたちは笑顔です。大変なことも今では笑い話として盛り上がっています。何不自由なくただ、暮らすだけでは絆は生まれません。泣いたこと、ケンカしたこと、それでも一緒にがんばったこと、この共通体験こそが仲間を作っていきます。まだまだ大変なことはたくさんあるけど、素敵な仲間を作るチャンス!一つ一つあきらめず乗り越えていこう!



Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。