山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2014年だいだらぼっち 日々の様子> 6月3週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 6月第3週 ・ 6/16〜6/22 >

中学生が振替休日を利用して天竜川へ今年初めての川遊びにやってきました。
ライフジャケットのおかげで川に流されながらもピースサイン!何が危ないかをみんなで考えて知っているからこそ、様々な活動を全力で楽しめます。
できたばかりのマイ食器を落として割ってしまったともぎ。壊れても治して使うのがだいだらぼっち。また使えるようになってホッと一安心です。
小学生の川遊びの計画を立てているちー。しかし、意見がまとまらず悩んでいます。「どうしたらいいんだろう?」相談員のおぐにも相談しながら頑張ります。この経験は今後ちーにとって大きな糧となります。
みんなで育てた野菜が収穫できました。毎日の水やりや雑草取り、苦労した分だけとってもおいしい野菜が育ちました。
だいだらぼっち3年目と6年目の参加者のお父さんが遊びに来てくれました。こどもたちのために自家製のジャガイモを使ってコロッケ作り!来てくれた時の挨拶は「おかえりなさい」。何十年たってもだいだらぼっちは大家族です。
第2回目の寝袋部は校歌でも歌われている大峰山に向かいました。展望台にみんなで寝っころがり、学校での話や恋の話、将来の夢について話しました。今まで知らなかったみんなのことを知れるとてもいい時間でした。
村の行事である「花いっぱい運動」に参加しました。この行事は村の道路脇に花の苗を植えて、村を明るくしようというものです。今回は学校へ向かう坂の下にマリーゴールドを植えました。今からきれいに咲く日が待ち遠しいです。
小刀や彫刻刀を使ってスプーンづくりをしています。自分の手の大きさや口の大きさを考えながら自分が使っている姿を想像して楽しそうに作っていました。
上手くいかずに思っていた形通りにならなくたって、自分の手で作りきった木のスプーン。とても愛おしく思えます。
いっちー <いっちーのコメント>

今週は中学生が夏最大のお楽しみ、川遊びに行きました。小学生も来週川遊びがあるため計画を立てています。しかし、川遊びの実行委員になった、ちーとサスケの間で意見が分かれてしまいました。「分からないことばかりだから中学生の計画を見てしっかりしたものを作ろう」と言うちー。「見てしまったら同じものになってしまうから、自分たちだけで考えて作りたい」と言うサスケ。どちらも自分の意見を引かないため話はまとまりません。
多数決ではなく、みんなが納得できるまで話し合うのがだいだらぼっち。今回のように自分の意見を相手に分かってもらおうと悩んで考えることは、こどもたちにとって大きな学びになります。
夏休みまで残り1ヶ月ですが、やる事はまだまだたくさんあります。その度に悩むことになるだろうけれど、みんなで話し合い乗り越えていきたいです。



Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。