山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2014年だいだらぼっち 日々の様子> 5月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 5月第1週 ・ 4/28〜5/4 >

「ゴールデンウィーク合宿に向けて団結しよう!」と言うことで、キャンプにいきました。団結が目的なので、みんなで荷物を分担して背負って目的地まで歩きます。
一人分が大体この量です。ぬいぐるみが必要なのかどうかわかりませんが(笑)準備完了!目指すは、山賊キャンプのフィールド、左京川キャンプ場です。
だいだらぼっちを出て40分、無事にキャンプ場に到着しました。到着して、早々ごはんづくりです。今日のメニューは、冷蔵庫の寄せ集めバーベキュー!たくさん歩いておなかペコペコうえ、なかまと外で食べるごはんは、格別です。
ゴールデンウィーク合宿のための団結キャンプ。夜は、キャンプファイヤーを囲みながら、本番のリハーサルをおこないました。
my食器づくり第一弾、「おちゃわん」が完成しました。積み上げただけでなく、今週は削り出す作業で自分のイメージに近づけていきます。かかった時間や考えた分だけ大切に思えてきます。
稲の赤ちゃんがきました。畑の一角に苗床をつくり大切に育てていきます。お米作りの第一歩です。順調に育てば、5月末には、田植えです。
ゴールデンウィーク合宿前日、最後の頑張りです。主催者として、来てくれた方々が安全に作業できるように、イメージして準備を進めていきます。
総勢約120名での作業合宿がついにはじまりました。半月の間、話し合ってきた成果が試されます。仲間を信じて、楽しんでいこう!
作業の一つ、味噌作りです。だいだらぼっちの半年分の味噌を仕込みます。駆けつけたOBOGたちが一生懸命作業をしてくれました。支えてくれる仲間の存在をとても頼もしく感じます。
OBの力強い薪割に現役たいがが見とれています。今年は男の子の継続がいないため、なかなかこれだけの薪割を見る機会がありませんでした。「僕もあんな風に薪が割れるようになりたい」すてきな目標ができました。

もーりぃ <もーりぃのコメント>

だいだらぼっちがスタートして1か月、その大半の時間を合宿の話し合いに費やしてきました。なかなか進まないことも、意見がぶつかることもありましたが、なんとか気持ちを寄せあい、2泊3日を迎えました。当日は、80人余りの人がこどもたちの暮らしを支えるために、時間と力を寄せてくれました。こどもたちだけでは、半年はかかるであろう作業も一日で終わり、人の力のすごさを改めて感じました。こどもたちもこのだいだらぼっちの暮らしが多くの人たちに支えられ、応援されていることを実感したと思います。そして、自分たちで考え、悩み、創り上げた合宿が無事に成功したことは、大きな自信になっていると思います。なにごとも、自分で考えチャレンジする。その結果が失敗でも成功でも、必ずこどもたちの成長へとつながります。のこりあと11か月。たくさんチャレンジしてもっともっと大きくなれ!



Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。