山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2014年だいだらぼっち 日々の様子> 4月3週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 4月第3週 ・ 4/14〜4/21 >

先週、斧のレクチャーを行ってから男の子たちの間では薪割が大ブーム!
暇があれば並んで薪を割っています。腕もめきめき上達中です!
今週のものづくり教室では、だいだらぼっち創設のころからの「ものづくり」の話。こども達の手作りだった昔の母屋の模型を見せてもらいました。
「家が自分で作れるなんて!」みんなで協力すれば、何でもできそうな気がしてきます。
夜には、みんなで輪になって話し合いです。
今日は来月に控えるゴールデンウィーク合宿の内容について。いつやるの?何をするの?すべてがこの話し合いから決まっていきます。
夜ご飯を作っているサスケ。チヂミを作っています。
1回やり方を教えてもらうと、あとは要領をつかんだ様子。40人分のチヂミでもすんなり作ってしまいました。人数が多い分たくさんチャレンジできます。作り終わる頃には、すっかり料理上手です!
朝ごはん前に掃除や薪割を分担している「朝づくり」。その分担をどうやって決めるか、話し合いをしたのですが、そこで出たアイディアは全部試してみよう!ということになりました。
今週はくじ引きのお試し週間。前日夜に名前くじを引いて一喜一憂です。
最近では毎日のようにに卵を産むようになったにわとり。
たいがは「産んでるところを見たいんだぁ!」と、にわとりを驚かせないようこっそりのぞきに行っています。
大広間でじゃれあうともぎとこうき。
学校から帰ってきてもよく遊んでいます。遊び相手が大勢いるのは、大家族で暮らす楽しさそのものです!
お勝手ではギターを囲んで合唱大会。
「ねぇ、あの曲知ってる?」みんなで歌える歌を探しては歌っています。きれいな歌声が夜のお勝手に響いていました。
この週末は田んぼの作業を行いました。
だいだらぼっちの田んぼまでは歩いて20分ほど。この日は天気も気持ちよく、みんなでお散歩気分で歩いていきます。
作業は田起こし。土を掘り返し、地面を柔らかくしていく作業です。広い田んぼで固くなった土を掘り起こすのは大変です!こんな時でも楽しく乗り越えるのがだいだらぼっちです。
作業をしながら、いつのまにか誰かが歌いだしました。つられてみんなも歌いだします。歌に合わせて「オーッ!」と歓声をあげているうちにぐんぐん作業が進んでいきました。
おぐ <おぐのコメント>

 今年度のだいだらぼっちも3週間目。そろそろだいだらぼっちの暮らしも「非日常」から、「日常」になりつつあります。
 だいだらぼっちが面白いのは、ここが一年間の生活を行う場であるということも大きいと思っています。こども達は短期間のキャンプや、年間でイベントの時だけ集まるのではありません。食う、寝る、遊ぶ、働く、その隙間にある生活のすべても共にします。特別なことをしている時だけではなく、日常の何気ない時間に歌ったり、遊んだり、ケンカをしたり。それこそがだいだらぼっちの時間を特別にしてくれるものなのです。
 こども達はだいだらぼっちの暮らしにも慣れ、ここでの日常生活が見えてきた様子です。だからこそ、これからそんな時間を大切にできる一年をつくりだすようにしていければと思います。
 ここを乗り越えたらきっといい話し合いがこどもたちの力でできるようになるよ!みんなの持つ「一人一票」を持ち寄って、自分たちで決める一年をつくっていこうね!



Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。