山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2014年だいだらぼっち 日々の様子> 3月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 3月1週 ・3/2〜3/8>

夜の大広間で音楽好きなメンバーがバンドを組んで練習中です。
エレキギターやベース、ドラム…どれもだいだらぼっちにきてから始めたこどもがほとんど。ですが時間のある時に少しずつ練習して、いまではすっかり本格的な演奏ができるまでに!カッコイイ音をガンガン鳴らしています。
保護者の方から、桃の節句にあわせてたくさんのお花をいただきました。
チューリップは先日焼きあがった手作りの壺に飾ります。まだ少し寒い日もあるけど、華やかになった母屋の中で気持ちのいい春を感じます。
ものづくり教室では、家族で使える大きい食器を作るためにロクロに挑戦する子も出てきました。
セブは「家族で食べるパングラタンをオーブンで焼けるお皿」を製作中。これから家族で一緒に使っていく食器だけに、思い入れも十分で取り組んでいる様子です。
週末の1日を使って、年度末に向けての大掃除が行われました。
普段は掃除していない窓の外もピカピカにして次の一年に引き渡せるように、とののも一生懸命。毎日過ごした母屋をきれいにして一年の締めにします。
お勝手でもいつも食事をしている机も動かして掃除機掛け。動かしてみたら「お勝手ってこんなに広かったんだー!!」とみんなでゴロン!
いままで見えていなかったホコリもたくさん出てきました。さぁ、頑張ってきれいにするぞ!
翌日は、だいだらぼっちのお隣の山、大峰山に遊びに行きました。
普段は下から見上げている山の中を楽しみながら「冬に来た時と全然違うね!」と、周りの木の芽吹きを感じます。
頂上の展望台に到着!
とっても気持ちのいいお天気の中、全員で記念撮影です!
お昼ご飯を食べたら、「ドロけい」おにごっこが始まりました。
山の中を縦横無尽に走り回る姿は、さすがだいだらっこ!
全力で楽しみます。
山から帰ってきたら、今度は引継ぎ会に向けた準備です。ゆりぃは、だいだらぼっちに暮らしをわかりやすく伝えたいよね、というところから始まった「だいだら紙芝居」を製作中。一人一人の似顔絵を丁寧に描いていきます。
こちらも、引継ぎ会を目指してあるプロジェクトが進行中。
だいだらぼっちの入口には「だいだらぼっち」という目立つ看板がありません。それを今年のこども達で作って、引継ぎ会でお披露目しようというもの。全員協力体制で作業が進んでいっています。出来上がりが楽しみだね!
おぐ < おぐのコメント >

引継ぎ会の準備を行いながら週末に全員で登った大峰山。実はこの大峰山登山、本当は1日かけて北八ヶ岳の冬山に登りに行く予定となっていたのです。
ところが登山前日の夜に行った引継ぎ会のリハーサルがなかなか上手くいきません。「引継ぎ会の準備ができてないのに、遊びに行って本当にいいのかな」と、こども達の話し合いが始まりました。
もちろん、登山も1か月以上かけて準備してきたビックチャレンジ。簡単には諦められません。話し合いも長時間に及びました。
そんな時、あるこどもから「“登山を諦めた”ってことじゃなくて、“引継ぎ会の準備のために全員で団結する時間を生み出した”ってことにしようよ。」という言葉が出てきたのです。引き継ぎ会の準備をもっとやっていればよかった、誰が真面目にやっていなかった、登山を諦めるのは嫌だ…そんな思いがありながらも生まれた、前向きな意見でした。
失敗してしまうことは、この一年間の中でもいくらでもあります。でも、それをお互いに責め合っても、仕方がない。ここからみんなで前を向くために、何を選び取るのかを一生懸命考える、そここそが、支えあう生活のためには重要なことだったのです。
話し合いは紆余曲折の末、「近くの大峰山でお昼だけ遊んで、あとは引継ぎ会の準備をしよう!」という答えを出しました。残り少ないだいだらぼっちの時間、みんなで前に進むために、何ができるのか。最後まで考え抜いたこども達の生活を応援していきたいと思います。


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。