山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2013年だいだらぼっち 日々の様子> 10月5週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 10月第5週 ・ 10/28〜11/3 >

暮らしの学校 だいだらぼっち 10月最後の誕生日のよっぴー。今年で10才になりました。
ハロウィンにちなんで、かぼちゃのプリンでお祝いしました。
何回やっても大人数でお祝いするのは楽しく、幸せを感じます。
暮らしの学校 だいだらぼっち だいだらぼっち劇場のリハーサルの日です。
全員が衣装を着て、メイクして、本番さながらに時間を計って行います。この一週間、今まで以上に準備の追い込みをかけてきました。
ここまで来たら後は元気よくやるしかない!自分や仲間を信じてやりきろう!
暮らしの学校 だいだらぼっち だいだらぼっち祭開始5分前。現役メンバー全員で円陣を組んで気合を入れます。すべてはこの1泊2日のために準備をしてきました。
さぁ、いよいよ本番。緊張が高まります。
暮らしの学校 だいだらぼっち 今回の祭の参加者は、合わせて約80人。だいだらぼっちのこどもたちやスタッフと合わせると総勢120人の大所帯となりました。
OB・OG、保護者、おじいちゃん、おばあちゃん、小さな弟妹まで、まるでお正月の親戚の集まりのような暖かな雰囲気になります。祭のテーマは、「感謝感激晴れ笑顔」です。いつもお世話になっている人たちに感謝の気持ちを伝えるためにこのテーマを考えました。
暮らしの学校 だいだらぼっち 祭の主催者はこどもたちです。一番はじめに、寄り合いを行います。
まだだいだらぼっちの事がよくわからない人や、祭に参加するにあたっての注意事項や、必要な情報を伝えます。どのようなしゃべり方をすれば伝わるのかを考えながら話します。
暮らしの学校 だいだらぼっち 寄り合いが終わり、プログラムがはじまりました。まずは、おみこし登場!わっしょい、わっしょいと、苦労して作ったおみこしの登場に、会場は盛り上がります。
暮らしの学校 だいだらぼっち おみこしで運んできたのは、杵です。その杵を使って餅つきがはじまりました。昨年だいだらぼっちでとれたもち米を使い感謝の気持ちを表します。ついた餅は、最終日に屋根から撒くことにしました。
暮らしの学校 だいだらぼっち ついに本番だいだらぼっち劇場が開演しました。
だいだらぼっちの関係者だけでなく、普段お世話になっている学校の先生や友達、地域の方々も見に来てくれました。
とてつもない緊張の中、みんな今までで一番いい演技をしていました。みんな本番に強い。
暮らしの学校 だいだらぼっち なんとか一日目を終え、振り返りを行います。
「自分から動けなかった。」
「劇はみんなよく声がでていてよかった。」
「みんな笑顔になってくれていた。」など、自分たちの動きをしっかりと考え最終日をより良いものにするために意見を出し合います。
暮らしの学校 だいだらぼっち 1泊2日のだいだらぼっち祭の締めくくるのは餅まきです。
屋根の上から、一日目についた餅を撒きました。二日間のだいだらぼっち祭もたくさんの笑顔が溢れ無事終了しました。きていただいた皆様。ありがとうございました。
もーりぃ <もーりぃのコメント>

7月から話し合いを始め、だいだらぼっち祭が無事終了しました。
「日頃からお世話になっている人たちに感謝の気持ちを伝えたい。」
「今のだいだらぼっちを知ってほしい」という想いから始めたお祭りでしたが、この4カ月、時にはめんどくさくなることや、準備を全くしない時もありました。大変なことやうまくいかない事、余裕がなくイライラすることがたくさんあります。しかし、ぶつかりあったり、一緒にがんばったりすることは、こどもたちの絆をさらに深くしてくれます。祭という大きなイベントを終えこどもたちはのんびりとした日常をおくっています。
しかし、ほっと一息つく間もなく11月の予定もびっしり決まっています。こどもたちはまだまだ元気一杯。やりたい事がたくさんあります。さぁ、どんどんチャレンジしよう!この仲間たちがいれば何だってできる!




Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。