山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2013年だいだらぼっち 日々の様子> 5月2週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 5月第2週 ・ 5/6〜5/12 >

暮らしの学校 だいだらぼっち 薪の暮らしに欠かせない道具、斧。
今年入ったメンバーに、継続のこどもたちが使い方を教えます。
一見、危なそうな道具も、遠ざけるのではなく、こどもたち自身が安全に気をつけ使うことが大切なのです。
暮らしの学校 だいだらぼっち マイ食器第2弾は、コップ作りです。
みんな作りなれてきて綺麗な形です。
今回の見所は、なんといってもコップの持ち手。
使いやすいかは別として(笑)いろんなこだわりのコップが出来上がりました。
暮らしの学校 だいだらぼっち 雨が降る中、大はしゃぎで向かったのは、田んぼです。
今日は年に一度、代掻き前にしかできない田んぼオリンピックの日。
「どうせ濡れるんだから思い切り遊ぼう!」と気合十分です。
暮らしの学校 だいだらぼっち おそらく普段こんなに泥だらけになることはないでしょう。
雨なんてお構いなしで、遊びつくしました。
こどもたちのエネルギーはすごい!
暮らしの学校 だいだらぼっち 近くの大峰山に登りました。目的は、鬼ごっこ。
急な山道を30分程登って、すぐに鬼ごっこ開始です。
ひとしきり遊んだあとは、お弁当タイム!
疲れたあとの御飯は最高です。
暮らしの学校 だいだらぼっち 大峰山からはだいだらぼっちの周りが一望できます。
「こんなところに住んでるんだぁ」「あそこに学校がある」など、
たくさんの発見がありました。
身近なところにもまだまだ発見があふれています。
暮らしの学校 だいだらぼっち 丸太を引いて田んぼをならします。田植えの前の最終調整です。
昔は牛でやっていたこの作業、だいだらぼっちは人が引きます。
暮らしの学校 だいだらぼっち 丸太を引くのはなかなか重たい作業ですが、
「次、変わって!」「一周ごとに交代ね!」と大人気。
こどもたちの好奇心は止まりません。
暮らしの学校 だいだらぼっち 「夏にはたくさんの野菜が食べたい!」と今年も始めた畑。
ちっちゃくてもやる気は一番!
だいだらぼっち最年少の小学4年生よっぴが棟梁になってどこに何を植えるか説明します。
暮らしの学校 だいだらぼっち 週末の母の日。
だいだらぼっちのお母さんかにさんにこっそり書いたみんなから
手紙と花束をサプライズでプレゼントしました。
普段はなかなか照れくさくて言えないけど、
「かにさんいつもありがとう。」
もーりぃ <もーりぃのコメント>

大忙しだったゴールデンウィーク合宿も大成功に終わり、こどもたちもほっと一息。今週は、作業の合間をぬって、田んぼオリンピックに大峰山登山とたくさん遊びました。
おもいっきり遊んで、おもいっきり働く、このメリハリが暮らしをつくる上では、大切です。作業ばかりでは、大人だって疲れてしまいます。暮らしの中の”楽しい”と”大変”をたくさん共有することで、こどもたちは絆を深めていきます。だいだらぼっちの1年の暮らしは、ここからが本番!さぁ、遊びつくそう!







Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。