山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2013年だいだらぼっち 日々の様子> 1月5週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 1月第5週 ・ 1/27〜2/2 >

暮らしの学校 だいだらぼっち マリオの誕生日!
誕生日に合わせてお母さんも来てくれました。
なかまと家族に囲まれて、幸せそうなマリオでした。
暮らしの学校 だいだらぼっち だいだらぼっちの近くでキャンプがしたい!ということで、地主のおじいちゃんおばあちゃんにお願いをしにいきました。
結果は快く了承してくれました。地域の支えが、こどもたちのチャレンジを応援してくれています。
暮らしの学校 だいだらぼっち 登り窯に向けて最後の準備です。
自分たちで焚いた素焼きの焼き具合を確かめます。
今年度最後の薪窯にみんな気合十分です。
暮らしの学校 だいだらぼっち 継続メンバーが、登り窯についてレクチャーしています。
こどもたちが棟梁となっての窯焚きなので、窯の中をイメージできることが重要です。焚き方のポイントや温度があがった時のサインなど一年たちましたが、細かな事までよく覚えています。
暮らしの学校 だいだらぼっち 窯の仕組みをもっとわかりやすく伝えたい!と作られたOBがつくった登り窯の焼き物です。今では、レクチャーの定番となっています。
暮らしの学校 だいだらぼっち 窯詰めに使う団子づくりです。
小さな一つひとつの準備をこどもたちの手で行います。
自分たちの手で行うことが、大きな達成感につながるのです。
暮らしの学校 だいだらぼっち 作品一つひとつの場所を決めていく棚組の作業は、仕上がりを左右するとても大切な仕事です。
2年目のみっちは、今までの経験をもとに考えながら組んでいきます。
暮らしの学校 だいだらぼっち 2月間近の泰阜村は、日中でもかなりの寒さです。
手をストーブで温めながら、作業します。
暮らしの学校 だいだらぼっち 穴窯の時よりもかなり狭いスペースでの作業になります。
こんな時には、体の小さい子が大活躍です。
得意、不得意みんなで協力してあともう少し!
暮らしの学校 だいだらぼっち ふきすけの誕生日。
今年中3のふきすけにとってだいだらぼっちで最後の誕生日となります。「おめでとう!ふきすけ」
もーりぃ <もーりぃのコメント>

だいだらぼっちのものづくりの一つの集大成登り窯が間近に迫っています。だいだらぼっちの登り窯は、こどもたちが棟梁となり、作品を作り、素焼きをして、薪を集め、窯詰をして、窯をたき、作品が完成して、来年度のために片付け、準備をしてようやくやり遂げます。今年は、わらの釉薬(上薬)のほかに学校で間伐した桜の木の釉薬も作りました。
今年のこどもたちが秋口から始め、年度が替わるギリギリまでかけてやり遂げるビックチャレンジ。こんなことまでと思うほど、地道な作業を行い達成します。どんなことでも自分の手でやったことは、自信につながります。やったことのないことは、あいまいな知識しか残りません。一つひとつの積み重ねが、こどもたちの確かな自信につながっているのです。だいだらぼっちものこり1か月半となりました。こどもたちが少しでもたくさんの自信をつけられるよう、応援していきたいと思います。






Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。