山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2012年だいだらぼっち 日々の様子> 12月3週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 12月第3週 ・ 12/17〜12/23 >
暮らしの学校 だいだらぼっち 近所のおばあちゃんから薪をいただきました。
高齢になり、もう暮らしの中で薪は使わないとのこどで、声をかけていただきました。だいだらぼっちの暮らしは、いつも村の方に支えられています。
暮らしの学校 だいだらぼっち だいだらぼっちフェスが開催されました!
くじ引きでバンドのメンバーを決め、各組一曲ずつ披露するイベントです。音楽が大好きなフキsukeが企画をしてくれました。
猛練習をしていたゆうはんのドラムは見事でした!
暮らしの学校 だいだらぼっち だいだらぼっちの家族は音楽が大好き。当日はこどもも大人も大変な盛り上がりでした。もりあがりすぎて、アンコールまで出たほどです。フキsukeの「フェスをやりたい!」という気持ちがみんなに伝染して、とってもステキな夜になりました。なんと3学期にはBand-1グランプリが開催されることになりました!
暮らしの学校 だいだらぼっち 「とにかく全員で遊びたい!でも、なかなか時間がなくて遊べない!」
…そこでこどもたちが考え出したのが、「朝の7時から遊ぼう!」という企画でした。この日は7時に集まって、大広間でハンカチ落としをして遊びました。
暮らしの学校 だいだらぼっち 2学期の振り返りをしました。「今年の一字」を一人ひとりが考えて発表をしました。みっちの今年の一字は「仲」。この8ヶ月間で、17人の「仲間ができた」ので「仲」という字にしたそうです。
暮らしの学校 だいだらぼっち だいだらぼっちから歩いて15分程のところにある、お年寄りの方が共同生活をしている施設にに遊びに行かせていただきました。
ここでは現在、5人の方が暮らしています。
みき、みっち、そらん、そらちは最初はとても緊張していましたが、
次第に緊張も解け、楽しくおしゃべりをしてきました。
暮らしの学校 だいだらぼっち 「ツリーハウスに泊まろう!」という計画を立てて、あんじゃねの森にあるツリーハウスに泊まりにいきました。
真冬のツリーハウスはとっても寒かったけど、自分たちのやりたいことにチャレンジし、紅茶を飲んで、みかんを食べて、仲間とおしゃべりをして過ごした時間は、とても暖かい夜でした。
暮らしの学校 だいだらぼっち ゆうはんが鹿の皮をなめしているところです。
実は、ゆうはんは空いた時間を見つけては少しずつこの作業を続けています。最後までやりきって、手作りの鹿の毛皮を手に入れたいのだそうです。
上手に時間を使って自分のやりたいことにチャレンジする。
だいだらぼっちは自分の気持ち次第で色んなことにチャレンジできる場所なのです。
暮らしの学校 だいだらぼっち 大掃除をしました!2学期の間にお世話になった母屋やトイレ、
お風呂などを、感謝の気持ちを込めて大々的にきれいにしました。
大家族で暮らすだいだらぼっちの家の掃除もとても大変。
ですが、こどもたちはとてもよく働いて自分たちの家をきれいにしてくれました。
暮らしの学校 だいだらぼっち 10月に収穫したもち米でおもちつきをしました。
臼や重たいものは中学生の男の子、きな粉づくりは女の子、その他にも味付けの準備をしてくれる子、もち米を蒸してくれる子など、全員で役割分担をして準備をしました。
みんなでついたおもちは本当においしかったです。
かおるこ <かおるこのコメント>

2学期はとにかく忙しく、全員で遊べる週末がほとんどありませんでした。山仕事や説明会を終えた今週の3連休は、とにかくやりたいことを詰め込んで遊びつくした3連休でした。
印象的だったのは、今まで関わりの少なかったこども同士が分け隔てなく一緒に遊んでいる姿でした。
9ヶ月間、仲間同士でのぶつかり合いも時にはありましたが、17人で力を合わせて暮らしを作ってきました。お互いの良いところも悪いところも認め合いながら、こどもたちは「仲間」になっていっています。
今年のメンバーと過ごせるのも、残りあと3ヶ月もありません。一日一日を大切に過ごしながら、自分たちの手で創る自分たちの暮らしを、もっともっと楽しくしていってほしいです。




Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。