山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2012年だいだらぼっち 日々の様子> 11月3週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 11月第3週 ・ 11/12〜11/18 >
暮らしの学校 だいだらぼっち 小学校のマラソン記録会がありました。ちょうどだいだらぼっちの前を通るので、相談員みんなで応援しました。
マラソンが得意な子も苦手な子も、だいだらのこどもも村の子たちも、みんな応援されると、その場は照れくさそうに張り切って走ります。学校の様子が垣間見える瞬間です。
暮らしの学校 だいだらぼっち 雨で伸びていた脱穀を平日に行いました。昼間から大人がやっているところに、学校から帰ってきたこどもたちが合流しました。
夕暮れまであと少し、ここが団結の見せ所です。
力をあわせてなんとかうるち米は脱穀し終わりました。
暮らしの学校 だいだらぼっち 平日の少ない時間をつかって、がっつぃとコロッケは薪を取る山に
下見にきました。彼らは今回の山作業の棟梁です。
仲間の安全を守るため入念に下見をして危険な場所を確認しました。誰も怪我をしないように!小さくても立派な棟梁です。
暮らしの学校 だいだらぼっち 今週の教室では、穴窯の作品の仕上げ“ゆうがけ”でした。
れいは、ゆう薬をかける前に丁寧に石の粉を塗っていきます。
きれいな模様を出すため根気のいる作業ですが、うまく焼ければとても素敵な作品になります。
暮らしの学校 だいだらぼっち だいだらぼっちの薪窯は、こどもたちが棟梁です。窯づめは窯焚きする中で最も大切な作業ですが、こどもたちの手で行います。ただ詰めるわけではありません。実は焚いたときの炎の流れまで考えて詰めています。
暮らしの学校 だいだらぼっち おいしいご飯を作ろう!ということで、今日のメニューはチキンカツ!
です。何十人もいるだいだらぼっちで人数分を作るのは大変ですが、みんなに喜んでもらえるのは最高です!
暮らしの学校 だいだらぼっち 母屋の前で、コロッケとガッツィーは何やら地面に穴をほって、しきりに空気をおくっています。聞くとなんと燻製をしているとのことでした。寒空の下二人は、6時間程かけ、ちくわと豚肉を創りあげました。2人の情熱がつくりあげた美味しい御飯でした。
暮らしの学校 だいだらぼっち 「天気がいいから外でご飯を食べよう!」
昨日、燻製にチャレンジしたメンバーは外でつくるご飯が面白かったらしく、今日は焚き火をつかってダッチオーブン料理にチャレンジしました。すこし寒かったけど、熱々の料理ととてもおいしく、そしてピリッとした空気も気持ちがよかったです。こうやってみんなで、ご飯が食べられることはとっても素敵なことです。
暮らしの学校 だいだらぼっち いつも雨が吹き込み困っていた裏玄関に、みっちと相談員のしんが雨よけをつけました。 困ったことも自分たちで工夫して良くしていく!これぞだいだらぼっちです。
暮らしの学校 だいだらぼっち 週末は、地区の道路愛護がありました。
道路愛護とは、自分たちの住む地域をみんなで綺麗にしようと、力を持ち寄って作業する日です。困った時はお互い様、だいだらぼっちでも大切にしている「持ち寄りの心」が泰阜村には根付いているのです。
みけ <もーりぃのコメント>

あっという間に、11月も終わろうとしています。こどもたちは、だいだらぼっちのビックイベント、穴窯に向けて準備をはじめました。
作品を作り、窯づめをして窯焚きに備えます。そのほか、平日の時間を使って、雨で延びた脱穀したり、山の下見にいったりとじつに多忙です。しかし、こどもたちは、遊びの天才!少しの空いた時間をみつけて、燻製に野外料理に木工にとチャレンジします。
最近、こどもたちからよく聞く言葉があります。
「もう日曜日!1週間がはやすぎる!」とても充実した時間をすごしているようです。今年も残すところあと1ヶ月!
12月も予定がいっぱい!思いっきり楽しみつくそう!





Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。