山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2012年だいだらぼっち 日々の様子> 9月4週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 9月第4週 ・ 9/24〜9/30 >
暮らしの学校 だいだらぼっち 10月暦の話し合いをしました。10月は、やらなきゃいけないことが盛りだくさん!なんと、「やりたいこと」が入れられたのはハローウィンパーティーたった一つでした。それでも、こどもたちから不満が出ることはありませんでした。自分たちの暮らしを自分たちで作っていく自覚を持っていることが頼もしく思えました。
暮らしの学校 だいだらぼっち MJは教室で自分の顔を作っています。なんとこの作品、1ヶ月に及ぶ超大作!こどもたちの、自分がやりたいことへのパワーには驚かされます。
暮らしの学校 だいだらぼっち 5月に植えたさつまいもが出来ました!掘ってみると、こんなに大きなおいもがゴロゴロ!凄い!
暮らしの学校 だいだらぼっち 畑でとれたサツマイモを、さちとあっきーがスイートポテトにしてくれました。自分たちで育てたさつまいもで作ったおやつはとってもおいしい!
暮らしの学校 だいだらぼっち 週末、泰阜中学校の文化祭がありました。小学校の運動会の時に中学生にお弁当を作ってもらった小学生が、お返しに中学生のお弁当を作ってくれています。だいだらぼっちの暮らしは支えあいです。
暮らしの学校 だいだらぼっち 文化祭では、生徒の代表者が自分の想いを作文に書いて発表するという意見発表の時間がありました。中1のれい、中2のゆうはんが、全校生徒の前で立派に自分の意見を発表しました。
暮らしの学校 だいだらぼっち これは、何をしているところだと思いますか?ある日の夜、突然大広間で「だるまさんが転んだ」が始まりました。だいだらぼっちのおもしろいところは、学年も、男女も関係なく、その場にいるこどもたちだけで遊びが始まるところです。
暮らしの学校 だいだらぼっち 「台風17号が夕方に来るよ、対策を考えよう」と、朝からみんなで集って、台風対策が始まりました。これは、風邪で飛ばされそうな物干し竿をこどもたちが倒しているところです。だいだらぼっちには、「暮らしの仕事」が当たり前にあります。それを大人に言われてやるのではなくて、状況に応じて、こどもたちが自分たちの暮らしに必要なことを考え出すのです。
暮らしの学校 だいだらぼっち この日は中秋の名月。ということで、れいとみっちが大広間に栗と柿とお花を飾ってくれました。残念なことに、夜には雨が降って月は見られませんでしたが…。季節を感じる暮らしは、とても豊かです。
暮らしの学校 だいだらぼっち これから始まる山仕事の現場の下見に行きました。奥の山の木を切り倒して、だいだらぼっちまで運びます。この薪は、陶芸を焼く薪窯のための薪です。これから始まる山仕事に、みんなは緊張した雰囲気で下見をしていました。
かおるこ <かおるこのコメント>

今週は、中学生が文化祭の準備で毎日帰りが遅く、その分小学生が夕食づくりや風呂焚きなど、日常の暮らしを頑張って支えてくれていました。文化祭当日、合唱や意見発表会、学年ごとのダンスや、全校ソーランなど、中学生は感動する程素晴らしい姿を見せてくれました。その姿を見て、こどもも相談員も「中学生かっこいい!」と素直に思いました。
だいだらぼっちの暮らすということは、当然ですが学校生活も大切にしなければなりません。
文化祭当日、普段は見られない学校での仲間の姿を見て、「これだけ頑張っているなら、仲間を支えたい!」という気持ちが、こどもたちの中にも芽生えたのではないでしょうか?暮らしの中で実感しながら、こどもたちは「支えあいの心」を成長させてゆくのです。




Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。