山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2012年だいだらぼっち 日々の様子> 9月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 9月第1週 ・ 9/3〜9/9 >
今月の世界の料理は韓国です。ちょうど、韓国から留学している大学生が見学に来ていたので、チヂミとナムルを教えてもらいました。
チヂミを焼くこと約30枚、時間はかかりましたが、
みんなで作るととってもたのしい。美味しい韓国料理が完成しました。
「お風呂を焚く薪がほとんどない!」ということで、薪作業をしました。
小学5年生のがっつぃも薪割りにチャレンジしています。
はじめは、うまくいかなくてもあきらめず繰り返すことが大切なのです。
今、母屋の前にはたくさんの薪があります。これはこどもたちが、実際に山へ行って取って来たものと、村の方から、「木を切ったから、だいだらぼっちにあげる」と声をかけてもらったものです。山を使わせていただいたり、薪をいただいたり本当に村の方々に支えられて暮らしています。
朝からの薪作業が終わったのは夕方でした。薪を割って、運んで、積んで、重労働です。でもこどもたちの顔には、笑顔が溢れています。
自分たちで仲間と作る暮らし、大変なほど、楽しみや充実感に変わっていきます。
田んぼの稲刈りまであと少し。無農薬でチャレンジ中のこども田んぼには粟がたくさん生えています。
近くのおばあちゃんが「今とらないと来年3倍生えるよ」と教えてもらい、慌てて田んぼ作業を入れました。ちなみに突如田んぼに現れた野球選手?これは、最近のゆうやんのお気に入りの格好です。
休みの日のお昼ごはん、時間があるから少し豪華にしてみよう!とまるちゃんがチャレンジしているのは、キャンプでもおなじみ山賊パンをつかったお昼ご飯。パンに焦げ目を付けてアボガドのディップを付けて食べます。
こちらは、1学期に作った、マイコップとマイポットでティータイム。
自分で作ったコップやポット飲む紅茶は格別です。
マリオは盾と槍を創りました。材料はダンボールと竹です。
何度も失敗しながら、工夫して、一日かけて創りあげました。
まるちゃんは、再来週に行く村めぐりのコースをぎっくに聞いています。
泰阜村の地図を広げ、わくわくは膨らみます。
もーりぃ <もーりぃのコメント>

今週末は久しぶりに穏やかな時間が流れていました。こどもたちは、思い思いの休日を過ごしています。少し手間のかかる料理にチャレンジする子や、竹や、段ボールでものづくりをする子、自分で作ったポットとカップでお茶会を開く子、リヤカーでじんべいを着ながら竹を集め回るこどもの姿は、こどもらしさを感じさせます。だいだらぼっちには、遊び道具やテレビはありません。しかし、こどもたちは、自分たちで楽しみを見つけ出し、充実した日々を過ごしています。なにもないから楽しい。本当に楽しいことは、自分達で考え作りだしたものの中にあるのです。




Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。