山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2012年だいだらぼっち 日々の様子> 5月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 5月第1週 ・ 4/30〜5/6 >
全員で大峰山に登りました!ゴールデンウィーク合宿の準備で忙しい毎日の中、ちょっと休息です。頂上で一緒におにぎりを食べて、おにごっこや野球を楽しみました。
こちらはゴールデンウィーク合宿の寄り合いの練習をしているところです。今年の寄り合いは、こどもたちのダンスで始まりました。実は、「明日の段取り」の中に毎日「ダンス練習」という段取りがあって、こどもたちは連絡の後、毎日ダンスの練習をしていたのです!
いよいよGW合宿が始まりました!2012年度のメンバーの、最初の団結の見せ所です。「ガンバルぞー!」「オー!!」
だいだらぼっちの暮らしを支える薪作業を、合宿に集ってくれたみんなで行いました。おかってのストーブ薪、大広間のストーブ薪、お風呂の薪、穴窯の薪…こどもたちだけでは何日もかかる作業が、たったの1日で終わりました!たくさんの人が気持ちを寄せてくれたおかげです!
こちらはだいだらぼっちの味噌を作ってくれているところです。薪作業をするにはまだちょっと危なっかしい小さなこどもたちや、そのこどもを持つお母さんたちが活躍してくれました。やれる人がやれることをやれるように頑張る。これが、だいだらぼっち流の作業です。
合宿2日目の夜に「もや火・花火」を開催しました。昼間の薪作業で出たもや(木の枝の先の方)を燃やしてキャンプファイヤーをしよう!という企画です。火を囲んで、みんなで歌を歌ったりゲームをしたり花火を楽しんだり…疲れた体を癒してくれる、とてもステキな夜でした。
合宿が終わった次の日、なんとこどもたちはあんじゃねの森に炭焼きの材料になるコナラの木をとりに行きました!前の日まで、ヘトヘトになるまで働いたのに、翌日には山出しに出かけたこどもたち。彼らの「何かをやりたい!」という好奇心には感心します。
山に行かなかったこどもたちが、お昼ごはんを作って待っていてくれました。メニューはハンバーグとポテトフライ!山出しで疲れているだろうからと、おいしいごはんを用意して待っていてくれたんだとか。作業の疲れを忘れてしまいそうな仲間の優しさと気遣いでした。
苗が届きました!これは、朝晩の寒さから苗を守るためのビニールのシートをかぶせるための作業をしているところです。これから毎日、この苗に水をあげたり、温度調節をしたりして、田植えまで大切に大切に育てます。
だいだらぼっちに、「信州だいだら〜ズ」という野球チームが結成されました!これは、チームの練習風景です。初心者も大歓迎!野球の上手な子が、初めての子に教えてあげながら一緒に練習をしている風景はとても微笑ましいです。GW合宿で母屋前の広場がきれいになったことを一番喜んでいるのは、だいだ〜ズのメンバーなのでは??
かおるこ <かおるこのコメント>

今年のGW合宿のテーマは「寄せ合う気持ち・寄せ合う心・みんなの力を持ち寄ろう 〜大変て楽しいね〜」でした。そのテーマ通り、合宿では、たくさんの保護者の方々、OB、OGが気持ちを寄せ合い、だいだらぼっちの作業を支えてくれました。力のない小さな子は枝を運んでくれたり、みそづくりをしてくれました。体の大きいお父さんや中学生は、大きな薪を割ってくれたり、重たい薪を運んでくれました。料理の得意なお母さんたちは、おいしいごはんを作ってくれました。一人一人が自分にできることを持ち寄って、みんなで支えあったGW合宿でした。
こどもたちは、GW合宿で自分たちの生活がたくさんの人たちに「支えられていること」を実感したのではないでしょうか?この実感を、17人の暮らしの日常の中でも繋いでいけるような、豊かな一年間を創っていきたいと思います。



Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。