山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2012年だいだらぼっち 日々の様子> 1月4週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 1月第4週 ・ 1/21〜27 >
暮らしの学校 だいだらぼっち 再来週に控えた、登り窯に向けて、今年の田んぼで採れたわらで釉薬を作っています。
自分たちで育てたわらが姿を変えて焼き物を素敵に仕上げます。
なんとも贅沢です。
暮らしの学校 だいだらぼっち 去年のなかまが集めて積み上げた薪です。
一年間乾かした薪をつかって5日間、登り窯を焚き続けます。
昨年の作業のおかげで今年の窯焚きができるのです。
暮らしの学校 だいだらぼっち まるちゃんが持っているのは手斧です。
この斧をつかって、薪を細かく割り、登り窯の準備をします。
暮らしの学校 だいだらぼっち さすが2年目のふきすけは、見事になたを使って作業しています。
はじめは難しく使えなかった道具も、回数を重ねる度うまくなっています。
暮らしの学校 だいだらぼっち そらんは、細かく割った薪を詰めています。
力はまだまだ小さいそらんですが、きっちりと確実な作業ができます。
それぞれの力を発揮して、こどもたちは作業していきます。
暮らしの学校 だいだらぼっち 去年の堆肥場を開拓して更地にしました。ここは、だいだらぼっちのにわとり小屋の建設予定地です。ちなみに今年度完成予定です。
あと2ヶ月、頑張らねば。
暮らしの学校 だいだらぼっち にわとり小屋の建設作業、みんなで柱に使う丸太の皮むきをしています。
皮をむけば腐りにくい。丈夫な小屋づくりには欠かせない作業です。
暮らしの学校 だいだらぼっち 皮むきが始まってすぐ、「誰がどれだけ皮を長くむけるか大会」がはじまりました。寒い外での作業は、大変なはずなのに、なんでも楽しみ気がつけば、20本近くの丸太を半日かけてむきおわりました。
暮らしの学校 だいだらぼっち ハイチーズ!
相談員ののってぃがさばいた狐を綺麗になめしてかぶってみました。
狐の毛皮はふわっふわっ!冬でもあったかいはずです。
暮らしの学校 だいだらぼっち 「あっ!味噌がない!」とまるちゃん。相談員のしんと“むろ”に味噌樽を取りにいきます。5月につけた味噌がそろそろ出来上がっています。
毎日使うものだから、自分たちの手で作りたいとつくりました。
これから味噌は、どんどん熟成して深みをましておいしくなっていきます。
これからが楽しみです。
もーりぃ <もーりぃのコメント>

この週末は、登り窯の準備、小割と素焼き。にわとり小屋の準備のために材の整理と丸太の皮むきなど、様々な作業を行いました。
あと2ヶ月をきっただいだらぼっち。こどもたちは、やりたいことをやり尽くすため、だんどりを組んでいきます。はじめの頃は、ひとつの作業をみんなで時間をかけて行っていましたが、今では、4つの作業をうまく分担して見事にやり遂げました。10ヶ月間一緒に暮らしてきたなかまたちだからこそできることです。このなかまたちで過ごすのもあと少し、でもまだまだできることはたくさんある!力を持ち寄って、楽しもう!





Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。