山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2011年だいだらぼっち 日々の様子> 10月3週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 10月第3週 ・ 10/17〜10/23 >
学校の休日を利用して、小学生で刈り残していた分の稲刈りをしました。残っている作業は2畝程度の稲刈りと一反分のはざかけです。
「こども田んぼ」はサクサクと作業が終わり、「大人田んぼ」へと作業が移ります。作業の流れがほぼわかっているこどもたちの動きは素晴らしく、おしゃべりしながら楽しみながらどんどん進んでいきました。
さて、「だいだらぼっち通信(保護者や関係者へむけたおたより)10.11月号」を書き始めたこどもたち。あっきーがその段取りを書いて貼り出しました。大切なことは自分たちで共有しながら責任持って進めていきます。ついつい「あ〜何だっけ?」という時に思い出すためにも役に立っています。
だいだらぼっち祭りの「こどもの店 夢屋」で売り出すパンの試作品を作っているチロルとかい。どんどん腕を上げており、みんなに大好評で「これならいくら値をつけられるかな」と盛り上がりました。
山賊キャンプ無料体験会の参加者の方たちがだいだらぼっちにも遊びに来てくださいました。「お茶出してあげるね」と率先してお手伝いしてくれたのはシナモン。心を込めておもてなししてくれました。
ネオ、あっきーは梨の皮むきをしています。包丁さばきが上手になることが自分でも嬉しく「見ててね!」とむき始めました。小さな積み重ねが大きな自信を生んでいます。
ブンは中学校でつくった短歌が「短歌まつり」で入選したので、村の表彰式に出席してきました。厳かな雰囲気に緊張しましたが、自分への評価に誇りを感じられたよい時間でした。
風呂を焚きながら焼いているのは・・・サツマイモです!
せっかくの熱を利用しない手はありません。炎が好きなこどもたちにとってもワクワクお料理です。この日の夕飯の一品になりました。
週末に隣町の「弁当山公園」へでかけました。先日軽い気持ちで登ってみた時に、時間がなくたどりつけなかったので、今度はお弁当をもってリベンジです。一時間程度歩いたら360℃のパノラマ絶景!!「ヤッホ〜!!」と叫ばずにはいられませんでした。
ゆうやんのこの秋のビッグチャレンジ「サイクリング」は、元善光寺までの往復60kmでした。8時間の道のりは、泰阜村の山からの脱出が一番つらかったようです。「今度は松本の家まで自転車で帰る!」とウキウキのゆうやんは、楽しむ強さを持っています。すごい!!
スタッフ・なおみち <なおみちのコメント>

小学生だけの稲刈り作業は大変だろうと思い、「ライス穀物長官(稲刈り結束機のキャンプネーム)を使ってもいいよ」と提案しましたが、「何言ってんの?手刈りでやるに決まってんじゃん!」と一蹴されました。「遊ぶ予定も入れているから、早く終わらせたいんじゃない?」と聞くと「終わらなかったら遊ばないし、遊びたいからがんばるんだよ!」という返事。思っていたよりしっかり育っていただいだらっ子精神に、見くびっていた自分がちょっと恥ずかしくなりました。そう思わせてくれたこどもたち、頼もしくなりました!


Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。