山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2011年だいだらぼっち 日々の様子> 8月5週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 8月第5週 ・ 8/29〜9/4 >
今日は小学校の水泳記録会です。天気は曇り空でしたが、元気いっぱい泳ぎます。競技も各種50mやリレーなど本格的です。最後までかんばってね!
れいの自由作品は、この大きなつぼです。手で粘土を細くして積んでつくりました。この超大作、うまく割れずに焼けますように。焼きあがりが楽しみです。
湯のみを削っていたぶん。勢い余って、穴をあけてしまいました…。現在ぎっく、まるちゃんの修理病院に入院中。治るといいけれど…。穴をあけてしまうことは、悲しいけれど、きっとその失敗が次の成功の素になるのです。あきらめずに頑張れぶん!
みんなが焼き物に熱中する中一人黙々と木を削っているさち。なんと以前にクラフトフェアで買った斧のキーホルダーと同じものを造っています。やるたびにどんどん腕を上げるさち。もうすぐ完成です。
週末は、世界の料理シリーズ「モンゴル」編です。かいが作っているのは、代表的なモンゴル料理「ボーズ」「ホーショールー」に使う皮を作っています。日本と違ってほとんどが肉を使う料理ばかり。作ってみて初めてわかる文化の違いもたくさんあります。
世界の料理に合わせて、1学期に作ったみんなのMY食器の使い初めもしました。マグカップ、茶碗、どんぶり、夕食皿、朝食皿、ヨーグルト皿、箸、とみんなの食器が並ぶと圧巻です。やっぱり自分で作った食器で食べると一味違う!
モンゴル料理紹介で使った、民族衣装(デール)です。この衣装は、相談員のもーりぃが昔モンゴルに行って実際に買って来たものです。今月は、毎週世界の料理なので、いろんな国の料理が食べられます!
最近のだいだらブーム。昔、格闘技をやっていた相談員つぅの格闘技道場。男の子たるもの強さを目指すもの(笑)毎晩繰り広げられる道場では、みんな真剣な目で立ち向かっていきます。誰かを守れるような強さを身につけてね。
しなもんの今日の起床時間、5:00。このとても早い起床には訳があります。週末に来るお母さんのためにスイートポテトを作るため、みんなの朝ごはんに合わせて練習をしたのです。早起きして作ったかいあって、とてもおいしくできました。これなら、お母さんもよろこんでくれるはず!本番も頑張ってね!
だいだらぼっちの秋の味覚と言えば、このくりです。敷地の中にある大きな2本の栗の木から、毎日、とてもたくさんの栗が落ちてくるので取りきれないほど。ありがたくいただきます。「さぁ何をつくろうか?」
スタッフ・なおみち <しんのコメント>

泰阜村での生活の醍醐味の一つに“旬”を感じる食生活があります。秋は、実りの季節。だいだらぼっちの敷地に生えている栗の木が今年もたくさんの実をつけました。この栗や果樹たちは、その昔、だいだらぼっちで、季節ごとにくだものができると幸せだね。と植えたものです。こども時代にたべるもので季節を感じられることを知ってほしい。手間暇がかかるものもあるけれど、手間暇をかけた分だけ美味しくなる。
そんな何気ない幸せを大切にして生活していってほしいです。



Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。