山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2011年だいだらぼっち 日々の様子> 7月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 7月第1週 ・ 7/4〜7/10 >
何も無い日の夜、突然始まった筋トレ大会。みんな輪になって腕立て伏せに腹筋に背筋。みんなでタイミングを合わせて1.2.3…力自慢たちは隣の子よりもたくさんやろうと必死に筋トレをして消灯時間ぎりぎりまで体を動かしていました。
今回の教室は家族からのリクエストを作るということで事前にお母さんやお父さんに何を作ってほしいかを聞いてものづくりに取り組みました。家族へのプレゼントということもありいつに無く真剣な表情で一生懸命作っていました。
今まで学んだ技術を生かし慎重に製作中。使う人のことを考えながら大きさや重さを考えながら少しずつ形にしていきます。自分の食器とは違ってリクエストに沿って作るので緊張感もいつよりも増しています。
金曜日は七夕パーティーということで、みんな浴衣や甚平をきて流しそうめんをすることに。流しそうめんの竹の準備や浴衣の着付けでバタバタと慌しかったものの、なんとか準備ができました。
せっかく浴衣を着たので短冊をバックに記念撮影!あいにくの曇り空で天の川は見えなかったものの色鮮やかな浴衣に母屋はいつもよりもキラキラしていました。
土曜日は小学生の音楽会でした。当日は保護者の方だけでなく、村の方もたくさん集まります。みんなのまえで大合唱と大合奏、少し緊張した様子で硬い表情でしたが、各学年で練習してきた成果を発表しました
中学生は一足先に川遊び。今年はことごとく天気に恵まれず川遊びがずっと延期になってしまっていたので、今学期中にどうしても一度入っておきたいとういう熱意が空に通じたのか怪しい空模様も晴れなんとか川遊びに行けました。和知野川を思う存分を満喫しました。
初めてのカヤックに苦戦していましたが、まっすぐ進まないのも、自分の思うように動かないのも全部が楽しそうでした。また挑戦したい!とリベンジを誓い次の川遊びへの期待も膨らみます。
日曜日は『世界の料理』と『箸の使い初め』の二本立てでした。今月の『世界の料理』はインドカレー。なんともお箸とは相性の悪そうな組み合わせでしたが、自分たちの作った箸で器用にいただいていました。
初めて作った箸はみんなの個性がそのまんまの、短いものや太いもの、真っ直ぐじゃないもの、一人ひとりの個性が詰まったマイ箸が完成しました。
スタッフ・つう <つぅのコメント>

今学期も残りわずかに迫りまだまだやりたいことがたくさん残っていてどうやったらすべてのイベントをやれるかなどが今週の課題でした。ただやりたいことだけをやれるわけではありません。学校行事や部活、日々の生活に田んぼ、畑・・・などをうまく調整しながら段取りを取り、めまぐるしく変わる山の天気にも柔軟に対応しながらイベントを開催しました。特に天気にはいつも悩まされていましたが、今回やっと中学生は川遊びにいけて本当に嬉しそうでした。週暦をとっているときはこんなにたくさんのイベントを開催できるのか不安もありましたが、この仲間で乗り越えてきた数ヶ月間の成果を今こそ見せ付けてやるぜといわんばかりに団結して作業などをこなしていく姿は実に頼もしく成長した子供たちは疲れる暇も無く遊び倒していました。
あと少しで夏休み。それまでにやり残したことはたくさんあるのでまだまだ子供たちのハードな毎日は続いていくと思いますが、この調子で夏の思い出をたくさん作って家族に自慢してほしいなと思いました。




Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。