山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2011年だいだらぼっち 日々の様子> 5月1週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 5月第1週 ・ 5/2〜5/8 >
冬のストーブ薪や風呂薪に必要な楢の木をまるごと頂いたので、昔からお世話になっている地元の方に『伐倒』をしてもらいました。
「木を倒す!」のははじめてみるので興味津々。あんな大きな木が目の前で倒れる瞬間はあっけに取られていました。
倒れた木の年輪を一生懸命数えるこども達。歴史のある木、一本一本が日々の暮らしに役立って行くことを実感していました。
地元の猟師さんに朝捕まえた猪をいただきました。まだ小ぶりの猪でしたが、こども達みんなで解体を手伝って夕ご飯で食べました。
最初は怖がって近寄れない子もいましたが。頂いた命を無駄にしないため余すとこなくみんなで美味しくいただきました。
GW合宿前日、明日は成功させるぞとみんなで気合いを入れます。
何度も何度も段取りを取り直してミスがないかを確認して行く姿はとても頼もしく、最初の大イベントを成功させたいという気持ちがみんなを1つにしてくれました。
いよいよGW合宿開始!約1ヵ月ぶりに会うお父さんお母さんに少し照れながらもみんな嬉しそうな表情。一ヶ月での成長した姿を見てもらおうとみんな張り切っていました。
作業ではこどもも大人もみんなで協力し合いながら進めていきます。薪作業は冬支度のための大切な仕事。お父さんお母さんもこどもたちのためにと暑い中がんばってくれたおかげで、こどもたちの冬のストーブ薪がほぼ用意できました!ありがとうございます!
GW合宿最終日、作業も終わりこども達が楽しみにしていたドッチボール大会。こどもも大人もごちゃ混ぜのチームに分かれて白熱した試合になりました。
GW合宿の最後はお決まりの団結踊り。だいだらぼっち26周年にちなんで26回踊りました。一年の長いキャンプが始まり最初の大イベントが無事成功してこども達もそれを乗り切った達成感で自然と笑顔になっていました。
田おこしがようやく完了!GW合宿の疲れが癒えぬままでの田んぼ作業。みんなで協力しながら力を合わせて田んぼを起こしました。
作業終了後はみんな泥だらけになりながら追いかけっこ。みんなの表情がとても嬉しそうでした。
炭窯を地元の職人さんと修復しました。複雑な作りで設計図を確認しながら慎重に赤土を盛っていきました。今年の炭作りが楽しみです。
5月8日だいちの誕生日!こども達はあっという間にケーキを焼き上げ美味しそうにデコレーションを施し特製バースデーケーキを作りました。
今回はふきすけの演奏の元、バースデーソングを歌いみんなで祝福しました。
スタッフ・つう <つぅのコメント>

今週はGW合宿や田おこし、炭窯直しなどイベントや作業が沢山あり、それに向けての準備や段取り、話し合いも沢山ありました。
この一週間に向けてずっと動いてきたのでこども達の達成感や充実感もまた特別だったと思います。その反面、田おこしや苗を育てるといった「自然と向き合っていかなくてはいけない。」という自分たちの都合だけではどうにもいかない過酷さを実感した週だと思います。
田んぼ作業を通してこども達の中に食に対しての見方がまた少し変わっていったと思います。



Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。