山村留学・だいだらぼっち
暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学 暮らしの学校 だいだらぼっち山村留学・暮らしの学校 だいだらぼっち

山村留学・だいだらぼっち2011年だいだらぼっち 日々の様子> 4月3週

山村留学・だいだらぼっち
   
  


< 4月第3週 ・ 4/11〜4/17 >
今週は家庭訪問のため午前授業でした。その空いた時間を使って、薪作業を行いました。この日は、お隣の飯田市にあるりんご農家の方のところへ、りんごの薪を頂きに行きました。この春の頑張りが、冬の暖かな生活を支えているのです。
寒さが続いた、泰阜村でしたがようやく桜の花が咲きました。
でも、週末には予定がいっぱい…。そこでみんなで出した答えは、「夜桜を見ながら晩御飯を食べよう!」でした。
しかし、あいにくの雨。外で夜桜を見ながらのご飯は無理そうです。そこで、さちが考えたのは、「見に行けないなら、持ってこよう!」です。自分達で工夫して楽しむ!これぞだいだらぼっち!
小さいけれどとっても素敵なお花見です。
さぁ準備万端!夜桜晩ご飯の始まりです。「ごはんできたよぉー」の合図でだいだらぼっち一家全員集合!その数約40人!みんなで食べるご飯は最高!
夜桜の日はちょうど、ゆうやんの誕生日でした。
甘いものが苦手なゆうやんのために、チロルとスタッフつぅがピザ生地を使ったあまり甘くないお菓子を用意してくれました。
みんなからのハッピーバースディにとっても恥ずかしそうな、ゆうやん。誕生日おめでとう!
ご飯を食べ終わる頃には、雨も少し弱くなっていたので、母屋の周りの桜を見ながら少し歩くことになりました。雨にぬれる桜も改めてみるととてもきれいでした。
週末は田植えに向けての田んぼ作業です。今回は、田んぼに水を引くための“水路掃除”、田んぼが狭くならないように、田んぼの周りをくわで掘っていく“あぜ切り”、大きくなりすぎた竹を切る作業とたくさんあります。季節は待ってはくれません。秋にできるお米を、胸を張って食べられるように、みんなで力を合わせて頑張るぞ!
こちらは、疲れ果てたゆうやんとあぜ切り部隊です。
作業はつかれるけれど、仲間同士励まし合って、楽しくがんばろう!
この日の作業は、約3時間で終わりました。みんなお疲れ様!
泰阜村には、とても素敵な風習“結”(ゆい)というものがあります。簡単に言うと“困った時は、お互い様”ということ。この日は、その結の作業、年2回行われる道路愛護という地域の道路掃除の日です。田本地区の長い道を地域のみんなで力と気持ちを寄せ合い掃除します。
とってもぽかぽかいい気持ち!この日は雲ひとつない青空。
去年収穫した藁の上に寝そべって気分はまさに、ハイジ!やさしい草の香りとあたたかな日差しで思わず、うとうとしてしまいました。
だいだらぼっちの近くにある田本神社でのお祭りがありました。
地域の氏子中から小学生が選ばれ安全祈願のお祈りの儀式が行われます。そして最後に、お菓子まきが行われます。地域のこどもたちに交じり、だいだらぼっちのこどもたちもお菓子をたくさんいただきました。
しん <しんのコメント>

今週は、薪作業に田んぼ作業と大変な作業が続いた1週間でした。だいだらぼっちでは、日々の作業が暮らしを支えています。自分達の食を支える田んぼ作業、お風呂や冬の生活に必要な薪作業など、どれも簡単な作業ではありません。
しかし、大変な作業の中でも、遊びに変えて、楽しく黙々と作業を行うこどもたちの姿も見られました。
 つらい状況を少しのアイディアで楽しくしてゆく。これがまさにだいだらぼっちが大切にしている“楽しむ心”なのです。




Copyright (C) NPO-GreenWood.All rights reserved.
このサイトに掲載されている文書,写真など全ての無断転載を禁じます。