冬の信州こども山賊キャンプ・冬休み開催!自然体験&冬の楽しい体験をしよう!
2013冬の信州こども山賊キャンプ お問い合わせ・資料請求
冬の信州こども山賊キャンプ ホーム > 山賊キャンプスタッフ
冬の信州こども山賊キャンプ・冬休み開催!





NPOグリーンウッドは、自然体験教育活動の専門組織として、多数の常勤スタッフを擁しております。
全スタッフが地域住民となり、暮らしに根づいた教育活動を展開しています。
冬の山賊キャンプではスタッフを中心に指導者研修を終了したキャンプリーダーがキャンプ生活を力強くサポートします。




 だいち(辻 英之)  だーっ(佐藤 陽平)
コメント
泰阜村に飛び込んで20年。「何もない村」の暮らしの文化に内在する教育力を信じぬき、こどものみならず青年や地域住民など、関わる人々すべてに学びがある質の高い体験活動の提供をめざす。最近は、大学講義や講演、出版など普及啓発に力を入れる。著書に「奇跡のむらの物語〜1000人のこどもが限界集落を救う!」(農文協)
自己のテーマ
「多様性の共存」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 代表理事
・立教大学・名古屋短期大学・飯田女子短期大学非常勤講師
・NPO自然体験活動推進協議会理事
・NPOこどもたちのアジア連合副代表・理事
・救急救命法国際(MFA)トレーナー

コメント
自然、生活体験が今の教育に必要だと考え、大手企業を辞めNPOに参画。
経営戦略、組織マネジメントを務め、マスコミ出演や、講演活動にも力を入れる。大分県出身、元探検部で野性的アウトドアマン。ニ児の父であり、ねっこ教育実践中。
自己のテーマ
「道を創る」「家庭教育」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 常務理事
・自然体験活動推進協議会トレーナー(CONEトレーナー)
・NPOこどもたちのアジア連合理事
・NPO川に学ぶ体験活動協議会(RAC)理事
・RAC水辺のレスキューマスターインストラクター
・レスキュー3(スイフトウォーターレスキュー
テクニシャン・レベル1)
・RAC Eボートマスターインストラクター


 しん(齋藤 新)  ばん(池田 龍介)
コメント
大学を卒業後、出版業界へ。根元の教育に携わることが「世界平和」、「日本の未来創り」につながると考え、児童書の編集に携わる。その後実践できる活躍の場を探していた中で、グリーンウッドに出会い参画。
現在は暮らしの学校だいだらぼっちの責任者を担いながら、事務局や他事業のマネジメントを行う。
自己のテーマ
「一生が学び」
現在の役職
・NPOグリーンウッド  事務局長
・自然体験活動推進協議会トレーナー(CONEトレーナー)
・救急救命法国際インストラクター

コメント
京都府立大学で福祉社会学を専攻、障がいをもつこどもとの自然体験活動を行う。環境教育・地域づくりに強い関心を持ち、次世代を担うこどもを育てたいと考え、グリーンウッドに参画。
現在は泰阜村猟友会・消防団にも所属。南国、与論島出身。
自己のテーマ
「困難に対する主体性」
「日々勉強・日々感謝」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 短期事業部長
・自然体験活動推進協議会トレーナー(CONEトレーナー)

 おぐ(小倉 文香) もーりぃ(森 久哲)
コメント
北海道で生まれ育ち、10代から地域の社会教育に携わる。北海道教育大学では地域計画を専攻。人を育てる「地域の力」「自然の力」がこれからの社会に重要だと考え、グリーンウッドに参画。
自己のテーマ
「和敬清寂」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 長期事業部主任

コメント
北海道の自然の中で川を中心とした自然体験活動や暮らしの中の学びを探求する「教育内容方法学」を専攻。2年間の中学校家庭科教員を経たのち、学びの本質や 共に生きることに関心を持ち、グリーンウッドに参画。暮らしの中の“てづくり”を大切にしている。
自己のテーマ
「てづくり」「土」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 長期事業部主任


 なおみち(森 奈央美) つぅ(辻田 隆昭)
コメント
同朋大学で社会福祉、保育学を学んだ後、名古屋市内の保育園に5年勤務。「人が育つ環境づくり」を考える中、暮らしの原点を見つめたいと思いグリーンウッドに参画。土地の力に魅力を感じながら、こどもの心と向き合う日々を大切にしている。
自己のテーマ
「好きは才能」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 総務部主任

コメント
こどもの頃から山賊キャンプに参加。後にボランティアとして関わる。自ら料理教室を行い食を通して調理の楽しさ、食べることの大切さを教える。グリーンウットに参画し自然を通して食育を目指す。音楽と食べることが大好き。
自己のテーマ
「音力世界平和」「口福理論」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 短期事業部主任


 にっき(佐藤 乃予) バズ(矢加部 優)
コメント
大学時代、人類学を専攻し自然を敬愛するモンゴル遊牧民のもとで、1ヶ月間生活を共にし遊牧文化を学ぶ。現在は母として、やんちゃな男児2人に囲まれ家庭でできる山賊キャンプ流の子育て中。愛知県出身。
自己のテーマ
「可能性を引き出す」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 総務部主任

コメント
大学在学中、学生による自然の中での集団宿泊研修を企画・運営する。小学校教育を学ぶ中で自然体験に興味を持ち、ボランティアとして山賊キャンプに参加。グリーンウッドの教育観に共感し、研修職員となる。
自己のテーマ
「学びとは新たに疑問が生まれること」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 短期事業部主事


 のり(辻 典子)  みけ(村上 由紀)
コメント
北海道の僻地での教員生活を経てグリーンウッドに参画。高1男・中1男・小5女の3人の母。こどもたちが夢をもって未来を語れるような社会になるよう、足元の教育や地域づくりを大事にしている。
自己のテーマ
「本質を見る」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 総務部長

コメント
千葉で幼稚園教諭として4年間勤務した後、グリーンウッドに参画。人と人とのつながりを丁寧に楽しくもてるように日々の出会いを大切にしてしている。
地域の活動にも積極的に参加し、地元やすおか村の人たちとのつながりを持つことにも力を入れている。
自己のテーマ
「根強く、されどしなやかに」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 長期事業部主任
・救急救命法国際インストラクター

 かに(梶 さち子)  たま(高橋 麻友子)
コメント
東京で幼稚園教諭として4年間勤務した後、やすおか村に移住して自然体験活動の道に入る。地域に根ざして27年。地域の暮らしから学ぶオールタナティブスクールとして「暮らしの学校」を設立。
自己のテーマ
「地域に根ざす」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 会長

コメント
大学で小学校教育を学ぶ傍ら、自然体験活動などのボランティアに携わる。大学卒業後、青年海外協力隊として活動をしたのち、自然体験教育に興味が強まり、グリーンウッドに参画。まずは自分が何事にも楽しみながら挑戦していくことを大切にしている。
自己のテーマ
「夢は大きく行動は地道に」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 短期事業部主任

 ぱる(齋藤 晴子)
コメント
大学卒業後、国際開発に携わりたいと建設業界へ。海外赴任中、国際問題の解決には次世代を担うこどもの教育が必要と感じグリーンウッドへ転職。豊かな子育て環境を作り広めるべく、地域でのつながりを大切にまずは自身の子育てから実践中。2児の母。
自己のテーマ
「『当たり前』に感謝」
現在の役職
・NPOグリーンウッド 普及開発部主任




  ≪≪≪NPOグリーンウッドスタッフ陣の資質について ≫≫≫

NPOグリーンウッドは、スタッフの資質として、「常に研鑚する」という姿勢を重視しています。日々の暮らし、活動の場面、こどもとの会話等、常に「学び」のアンテナを張るよう心がけています。また、自然体験活動を安全かつ効果的に実施するために、資格や免許取得も奨励しており、スタッフ陣は、教員免許、文部科学大臣認定キャンプディレクター・インストラクター、自然体験活動推進協議会(CONE)資格、急流水難救助資格(レスキュー3)、救急救命国際資格(Medic First Aid(R))などの各種資格・免許を取得しております。







<各種お問い合わせ・資料請求先>
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6342-2
NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター こども山賊キャンプ事務局
TEL:0260-25-2861 FAX:0260-25-2850 e-mail:sanzoku@greenwood.or.jp


Copyright c NPO-GreenWood. All rights reserved

NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6342-2  TEL : 0260(25)2851  FAX : 0260(25)2850

暮らしの学校 だいだらぼっち
一年間の山村留学

暮らしの学校
だいだらぼっち

NPOグリーンウッドの森のようちえん
グリーンウッド版
幼児対象自然体験

NPOグリーンウッドの
森のようちえん

夏の山賊キャンプ
夏休みのキャンプ

夏の信州
こども山賊キャンプ